景気悪化を感じた上海出張

景気悪化を感じた上海出張

チャイナショック、昨年そう呼ばれた時期がありましたが、結局のところ愕然となるほどは崩れなかったはずですから、新興国バブルが崩壊した!って感じでもなかったのかな?


日本人が少なくなっただけ?


空港に降り立った時から、あれ??って感じでした。日本人風のビジネスマンが少なかったんですね。最近は中国人と日本人の見分けはつき難くなったなんて言います。事実なのですが、私の感覚では中国人が日本人っぽくなったのであって、日本人が中国人風になったわけではないのです。だから、日本人風のビジネスマンが少なくなった事に違和感を感じたのです。

もう何年も前の話ですから、今は流行も変わっているでしょうけれど、RIMOWAが日本人で、TUMIが中国人、私はそんな見分け方をしていました。

同じ感触を上海市内でも感じました。宿泊先はもともと住んでいた「徐家汇」近辺でした。日本人が多いエリアではありませんが、日本人が利用するお店がそれなりにありました。それらは、殆どが消えて無くなっていました。吉野家とか丸亀製麺とか日系ファストフードは増えていましたけれどね。あれは現地の人を取り込むための進出ですからちょっと違いますよね。

そういえば、日系コンビニは、ローソン、セブンイレブンがめっきり少なくなって、ファミマがいたるところにある感じになっていました。

日本人が多い「古北」へも行ってみましたが同じく日系のお店がすごく少なくなっていました。ま、私が利用していたお店がなくなっていただけかもしれませんけれどね。



日本人がローカルバスに乗る


久しぶりに日系の美容室へ行ってみましたところ、日本人は確かに減っているらしいです。駐在員が帰国した後、後任が来なかったり、大気汚染を嫌って家族を連れてくるのを控えたり、そんな感じの様です。

これはお店が少なくなっている理由にも共通していますが、地価の高騰で、家賃を払うのが大変になり、外人専用の物件が減ってきて、以前の駐在員よりも狭い家だったり、ローカルと同じクラスのマンションに住んでいたりするそうです。

以前は日本人をバス停や駅で全く見かけなかったのに、今は公共の交通機関を利用している日本人も多いとのことでした。昔はお抱えの運転手がいたり、そうでなくても移動はタクシーだったのに…だそうです。

ん。あの。私は2008年からローカルクラスのマンションでしたし、地下鉄もよく利用していました。なんて、言えなかったですけれどね。駅から2分の仕事や通勤に便利な場所に住んでいたんですよね〜。お陰で食べ物の入手に苦労したことがありません。
※私も混雑していない時間帯はタクシーをよく利用しましたっけ。


現地の生活水準が上がってローカルに違和感なしに溶け込んでいる、とは言っていませんでしたが、振り返ってインドと比べたら普通に住めるっていうのはあると思うんですよね〜。
(↑他の人より逞しいらしいんで、完全に間に受けないで下さい。)


小綺麗になって寂しくなったとか?


他は、淮海路、陆家嘴ぐらいしか寄っていないのでよくわかりませんが、勢いのあるショッピング街というより、落ち着いた雰囲気を醸していました。どことなく、ですけど。

綺麗な外資の高級店が立ち並んだ結果、そうなっちゃったのかな?

人が減ったわけではないので、ネットショッピングがメジャーになってきた今となっては、お店に足を運ぶ人も少なくなってきたのかもしれませんよね。

決して寂れたとは言いませんが、カラフルでゴミゴミした上海じゃなくて、少々拍子抜けでした。

スポンサーサイト

Comment


★Re: タイトルなし★


ご対応ありがとうございます!!
大感謝です。赤面。

のろのろ |  No.356

コメントを投稿する
記事: 景気悪化を感じた上海出張

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback