「ブレない俺様」=「老害」

「ブレない俺様」=「老害」

「老害のスタート地点は35歳」との対の記事なのですが、まずは「老害一般」からスタートします。


ウィキペディアに「老害」ページがなかった…


え~。どうしよう。とりあえず、Google検索結果を引用します。

「老害」とは、
自分が老いたのに気づかず(気をとめず)、まわりの若手の活躍を妨げて生ずる害悪。



ウィキペディアに、「社畜」はあるのに、「老害」はないみたいです。「老害」恐るべし。


「老害」にはなりたくない!


私の場合、本社では平社員で、拠点では部門長だったりしましたから、本社での職位と現地での職責に大きなギャップがありました。本社からの扱いは平社員のまま、部下から期待されるアウトプットは部長級でした。ただ、本社のベテランリーダー達には、ピヨピヨした駐在員(平社員)に耳を貸さない方もいらっしゃいます。

これは、相手の性格というより、想像力の問題だと思っています。ピヨピヨ駐在員が、部下、その部下、そのまた部下、と配下に20数名が存在して、サポートしたり、指示出ししたりしているとは想像できないのだと理解しています。

特にベテラン社員の説得には大変苦労し、「老害にはなりたくない!」は常に強く思っています。

40歳ぐらいで隠居できれば、老害化で若い人たちにご迷惑をかけずに済みそうですが、そうもいかなさそうですので、自分で心掛けるしかありません。

会社で困った「老害」氏達の共通点は、視野が狭くなって、考え方も固着し、人の話を受け入れられなくなっていることに気付けない事です。現場の反応を知っている若い人の意見をスルーしちゃっています。何かを訴求されているという自覚が全くありません。恐ろしい事です。

昔、上司と部下がどのくらいの頻度で「言い争い」をしていたかわかりませんが、最近は口論になんてなりません。駄目だと分かったら、さっと引いて終わりです。そして、それ以降、同じ部下の側から新しい提案してくれる頻度は低くなると覚悟した方がよいです。昔と比べて「聞く力」が必要になっているのではないかと思っています。

「最近の若い人は気骨がない!」なんて人のせいにして、新しい意見を取り入れない老害陣には絶対なりたくありません。


自意識過剰?


老害のもう一つの特徴だと思われるのは、自意識過剰な部分です。仕事の中には世の中に合わせて変えていかなければならない部分が沢山あるんですけれども、元々自分が携わっていた仕事に修正を加えられるのを非常に嫌います。

これは自信過剰とも言えそうですが、批判されたと思って意固地になる人がチラホラいます。「あなたが携わっていたのはいつですか?その前はどのように運用されていたのですか?」というような質問にはすらすら答えが出てきますが、現在の状況については無知なのです。「問題が見えないから、うまく行っている」と思い込んでいるだけです。

責めているつもりはありませんが、本人が謙虚に現状調査をしない以上、代替わりも兼ねて他の人(=より若い人)にお願いすることになるのです。そしてゴネるのです。

「あなたが携わっていた時、それ以前の運用を現在の運用に変更しましたよね? あなたは前任者を見下していませんでしたよね? 批判していませんでしたよね? 安心してください、私たちもあなたの以前の仕事を責めている訳でも、ダメだと思っている訳でもないのです。ただ見直しをする時期を大分過ぎてしまっているのです。」

「あなたの前任者の方は協力的でしたか? 嫌がらせを受けましたか? 嫌がらせをするような人がどのように受け止められていましたか? 見直しがかかるのはあなたの仕事だけではないのですよ。昔からずっとそうなんですよ。やはり協力的なベテランさんの方が尊敬されますよね。折角の知識や経験も、活用されないで意地悪じじい扱いされたらもったいないですよね?」

って、子供だ、子供。


俺様な同僚


「俺様」もあまり知らない言葉ですが、ある同僚について、「彼、俺様なところあるから、直した方がいいよね」っと言われているのを耳にしました。日本にいたときに一緒に仕事をしたことがある人で、「ブレない男」を目指していた人です。

話の内容を聞くと、私にとっての「老害」でした。

聞くところによると、「俺様」は、かっこよかったりして、人気がなくもないらしいです。
そういうキャラを演じている人もいるかもしれません。

しかし、おそらく「俺様」の旬は、非常に短く、すぐに「老害」に転化してしまう可能性があります。というか、もう既に「老害」だと思われているかもしれません。「若老害」、どうですか?

あなたの事ですよ。

なんて思われないようにありたいです。

Comment

コメントを投稿する
記事: 「ブレない俺様」=「老害」

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback