イギリスで中国語で宗教勧誘される

イギリスで中国語で宗教勧誘される

それは、バスを待っていた時のこと。


国籍不明な外貌


「すみません。中国人ですか?」と中国語で訊ねられました。
これはいつものことです。何国人かわからない風貌ですから。
東は韓国人〜西はシンガポール人(一応中華系)ぐらいまで網羅しております。

大抵の場合、道を聞かれるので、「中国語地名はわかんないけど、基礎的な中国語はわかりますよ。」と答えています。私は話し方が標準的ではない(訛っている)ので、中国人には本土の人間じゃない事がすぐわかります。


日本人にとっては気恥ずかしい質問の数々


今回異なったのは、相手の風貌が、欧米人風だった事でしょう。
反射的にいつも通り対応して、面倒臭い事になりました。

要は、「バイブルを研究していて、中国語でその勉強会をしています。一緒に如何ですか?」という内容なのですが、過程で、「バイブルについて、どういう印象を持っていますか?」「愛についてどう考えていますか?」「お金についてどう思いますか?」などの問いが次々と繰り出されます。ぎゃ〜。
※日本にもある宗教団体です。

ちゃんと興味がない事をわかっていただけたみたいで、日本に旅行した時の話を雑談されて、去って行かれました。


ぼーっとしていてはいけない


飛行機の中でもよく話しかけられる方なので、よっぽどぼーっとヒマそうにしているんでしょうね。
因みに、外国人の「早期退職者」にもたまに話しかけられます。人員整理を機会に早期退職する事にしたパターンですが、ネタがなくなったらそういうのも書いてみようかな。

Comment

コメントを投稿する
記事: イギリスで中国語で宗教勧誘される

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback