ネタバレのマナーについて調べる&当ブログでのネタバレ対策

ネタバレのマナーについて調べる&当ブログでのネタバレ対策

映画ブログを書くにあたって、一番緊張するのは「ネタバレ」です。次は何をみようかな~っと、ネットを回遊する時、個人的にはさほど神経質に「ネタバレ」を避けるタイプでもないです。ただ、嫌いな人はめちゃめちゃ嫌いますから、スポイラーにはなりたくないな~っと思っています。

しかし、ネタバレなしだと、自分が面白かったと思った部分について殆ど記述できず、実はかなり難易度が高いということに自分で書いてみて始めて、まことに今更ながら気づいた感じです。兎も角も…


ネタバレとは、

wikipediaより引用;
「ネタ」というのは、「種(たね)」の倒語で、物語の仕掛けを意味し、特に詳細な設定や物語の核心といった、作品の内容や結末のことを指す。「バレ」とは隠しごとの露見を意味する「バレる」に由来する。つまり、ネタがバレてしまうことをいう。


バレて欲しくないと思しき項目

結末
核心、仕掛け
ストーリー(中盤以降)

※まだ、作品紹介(ストーリー)を自分で書いたことがないのですが、ネタバレ恐怖心からです。ウィキペディアや映画紹介サイトのあらすじを引用する方が安心です。

ネタバレマナー

★ ページを開く前、すなわちタイトルなどに「ネタバレあり」などと明記すると親切
★ 記事内に「ここからネタバレ↓」などと、予告する
★ 追記部分に書いて、RSSなどでフィードされないようにする
★ ネタバレ部分を伏字(文字を背景色と揃える)にする
★ ネタバレ表示、非表示切り替えボタンを作成する



当ブログでのネタバレ対策


当ブログでは、ネタバレ表示・非表示の切り替えボタンを作成してみました。
↓の「ネタバレを表示」ボタンをぽちっとすると、ネタバレ部分が表示されます。





参考資料;「表示/非表示」を切り替える2つの方法

再度、↓の「ネタバレを非表示」ボタンをぽちっとすると、ネタバレ部分が非表示になります。



但し、単に表示されているかどうかの制御です。別のページに遷移するわけではなく、ページのソースには残っています。この為、オーガニックサーチの際にネタバレ部分がスニペットに表示されちゃうかもしれません。

descriptionなどのメタタグやラベルを登録しておくことでできるだけ他愛のない情報が優先されるように工夫していますが、検索用語にもよるかと思いますので、表示されないともお約束できかねますが、できるだけの事はやってみました。

Comment

コメントを投稿する
記事: ネタバレのマナーについて調べる&当ブログでのネタバレ対策

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback