映画、「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」感想

映画、「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」感想

「ヘンゼル & グレーテル」のジェマ・アータートンからのハシゴです。毎回違う顔で出てくるジェマ・アータートンは、今回は割と個性的な顔(メイク)でエキゾチックな感じ出ています。対照的に、10代のころからちょっと老けたぐらいで全く見間違う要素のない濃い男ジェイク・ジレンホールがお相手役です。そしてパトリック・スチュアートと共にイギリス2大ハゲ頭に君臨するベン・キングズレーがまたエキゾチックでいい味出しています。


基本情報


邦題 プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
原題 Prince of Persia: The Sands of Time
タイプ ドラマ
公開年 2010-05-21
監督
マイク・ニューウェル
脚本
ボアズ・イェーキン、他
出演者
ジェイク・ジレンホール、ジェマ・アータートン
公式サイトURL
おすすめ度 3 (1~5点)

ストーリー

allcinemaサイトより引用;
史上空前の繁栄を極める古代ペルシャ。親のないスラムの少年ダスタンは、友人を救うための勇気ある行動が王の目に止まり、養子として王宮へ迎え入れられる。それから15年、第3王子として“ペルシャのライオン”と異名をとるほどの勇者に成長したダスタン。彼は兄や叔父ニザムと共に聖なる都アラムートを征服、ある1本の短剣を戦利品として手に入れる。しかし、父王に贈ったアラムートの法衣に毒が塗られていたことから王が絶命、暗殺の容疑者となってしまう。そんな中、捕虜の身に甘んじていたアラムートの姫タミーナが彼の逃走を助ける。実は彼女の目的はダスタンの短剣にあった。それは、時を戻し、過去を変え、世界をも支配する強大な力を得ることができる伝説の“時間の砂”を操る唯一無二の代物だったのだ。また彼女は、“時間の砂”を邪悪な者から守る一族継承の使命を担っていた。こうして、ペルシャ帝国軍と闇の暗殺者集団ハッサンシンに追われることとなったダスタンとタミーナは、父王殺しの真犯人と“時間の砂”を求め、過酷な冒険に旅立つのだが…。

感想

もともとアクションゲームの実写化なので、ふんだんなアクションとドタバタと手に汗を握る展開がお約束されている上に、何も知らないのに「あぁ!ペルシャってこんなイメージ」って感じの雰囲気に浸かれる良作です。

バイオハザードにしても、トゥームレイダーにしても、アクション、アドベンチャー系のあくせく手を動かさなければならないゲームがとても苦手な究極の運動音痴には、動かずしてゲームの雰囲気を味わえる素晴らしい機会です。2016年は、アサシンクリードが映画かされるっポイですね。うむ。楽しみ。

本作は、プリンスがプリンセスと出会って共に旅をするラブの要素がありますから、女性にも結構楽しめるかもしれません。カップルで観ても互いに退屈しないかも。

どう見てもかわいくないことがあるジェマ・アータートンは、本作ではなかなかかわいく映っていますから、多分ちゃんと助けたくなります。

個人的に、海外出張の際にホテルで繰り返し観た流し映画です。何度見てもそんなに退屈でもないので、初見の人にも楽しくご覧いただけると思しき無難な映画化と思われます。


2016-08-20
のろのろ


スポンサーサイト

Comment

コメントを投稿する
記事: 映画、「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」感想

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback