映画、「アメリカン・ハッスル」感想

映画、「アメリカン・ハッスル」感想

「ジュリー&ジュリア」のエイミー・アダムスからのハシゴです。この映画には、役者さんの使い方というストーリーと関係ないところで度肝を抜かれました。クリスチャン・ベールのもったりとしたお腹と斬新なヘアスタイル!!!ダークナイトどこいった~~!から始まって、セクシーなエイミー・アダムスに、ぶっ飛んだキャラのジェニファー・ローレンスに、もじゃなブラッドリー・クーパー。ドン引きしながら見てたら、2時間後には慣れたところが、名優パワーでしょうか…


基本情報


邦題 アメリカン・ハッスル
原題 American Hustle
タイプ ドラマ
公開年 2013-01-01
監督
デヴィッド・O・ラッセル
脚本
デヴィッド・O・ラッセル、 エリック・シンガー
出演者
エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー
公式サイトURL
おすすめ度 4 (1~5点)

ストーリー

allcinemaサイトより引用;
太鼓腹で一九分け頭のアーヴィンは、愛人にして相棒のセクシー美女シドニーと完全犯罪を続けてきた天才詐欺師。そんな2人はある時ついに捕まってしまう。ところがイカれたFBI捜査官リッチーは、もっとデカいヤマを狙ってアーヴィンに捜査協力を迫る。こうして危険な囮捜査をするハメになったアーヴィン。やがて彼らのまいたエサに期待以上の大物が引っかかってくる。そんな中、嫉妬に狂ったアーヴィンの妻ロザリンの予測不能の行動が作戦全体を混沌へと陥れてしまい…。

感想

1979年のアトランティックシティーが舞台となっており、登場人物の衣装やヘアスタイルがいろいろ凄いことになっており、現代との違いを存分に味わえる「映画見た~~!」って感じになれます。

実際の「アブスキャム事件」という収賄事件を基にしているそうですが、詐欺ストーリーなので、手に汗握る部分もそれなりにあります。

それぞれのキャラクターもめちゃめちゃ濃くて、ドン引きしながらも引き込まれていきます。どのキャラもそれぞれに突っ込みどころと共感どころがあって、そういう意味でも印象深いです。あ、にやけた男、ブラッドリー・クーパーに関しては、個人的に苦手なタイプで、どの映画でも常に共感できません。今回もいつも通りでした。


日本語では「ハッスル」というと、ノリノリな感じのイメージがありますが、英語では「詐欺」の意味でも使われます。

脱線ですが、BBCのドラマに「Hustle」という詐欺師(コンアーティスト)グループの勧善懲悪ならぬ勧悪懲悪ドラマがあって、私は全8シリーズ観ちゃっています。俳優しりとりのどこかで紹介できる日が来るといいのですが…


本題に戻します。ストーリーは、詐欺モノなので、詳しく書きませんが、結構大人で複雑な気持ちになれる感じです。明るいような酸っぱいような開き直っているような。

「感動の嵐」にも飽きたな~っと気分を変えたいときにオススメです。


2016-08-17
のろのろ


Comment

コメントを投稿する
記事: 映画、「アメリカン・ハッスル」感想

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback