♣映画、「クレイマー、クレイマー」感想+ネタバレ追記

♣映画、「クレイマー、クレイマー」感想+ネタバレ追記

この映画は、子供の頃、子供の立場で観た映画です。テレビで繰り返し放映していました。「クレイマー、クレイマー」が「Kramer vs. Kramer」という親権を争う裁判名であることを知ったのはずっと後になってからです。そのころから30年以上たってもずっと覚えているということ自体が驚異的です。親になったことがありませんから、親の立場では書けませんが、大人になった立場でみなおしてみました。

基本情報

邦題 クレイマー、クレイマー
原題 Kramer vs. Kramer
タイプ ドラマ
公開年 1979/12/19
監督
ロバート・ベントン
脚本
出演者
ダスティン・ホフマン, メリル・ストリープ
公式サイトURL
おすすめ度 5 (1~5点)


ストーリー


allcinemaより引用;
  テッドとジョアンナの結婚生活は8年目を迎え、一人息子ビリーも7歳となったクレイマー家。ジョアンナは、かねてより家庭を顧みず仕事優先の生活を送るテッドに不満を募らせていた。そしてある日、ついに彼女は自立を決断し、家を出て行ってしまう。一転して妻に任せっきりとなっていた家事と仕事の両立をせざるを得なくなったテッド。しかし始めは覚束ないものの、次第に2人の生活にも慣れ、これまで以上に父と子の絆を強めていく。だがそんな中、ジョアンナが突然養育権を訴えてくる。失業したことも重なってテッドに不利な形で裁判が進み、養育権はジョアンナ側に。こうして、テッドとビリーは父子最後の朝食を迎えるのだが…。



感想

メリル・ストリープ、若っつ!ダスティン・ホフマンも、若っつ!
1979年の作品で実に37年も経っているのに、ストーリーとして色あせていないところが凄いです。普遍的なテーマを扱っているからでしょうか?

いや、その頃の時代背景を知っているから懐かしく思うだけで、今の10代、20代の人にはピンとこないのかもしれません。

この40年で女性の労働環境が大きく変わったように思います。社会進出できなかった女性が、社会進出しやすくなったと思われますし、結婚後は「専業主婦」というコースは一般的でなくなったように思います。更には、「専業主婦」を望む女性も、働かざるを得ない環境にあるともいえるかもしれません。

メリル・ストリープ演じる5歳児の母親ジョアンナは、周囲に期待されるロールを全うするのが負担になり、愛する子供を置いてまで家を出てしまいます。家を出るのを止めるダスティン・ホフマン演じる夫・テッドに、「Don't make me go in there. If you do, I swear, one day, next week, maybe next year, I will go right up to the window.」と言って振り切ります。この言葉の前までは、テッドは事の深刻さを理解しておらず、いつものようになだめられると思っていたんですね。

かなり切羽詰っていますね。これ以降はネタバレ編に書きますね。



ストーリーは二人の間の溝(というか大河)を浮き彫りにするところから始まるのですが、追い詰められたジョアンナと、全く理解することができなかったテッドが非常に対照的に描かれています。

仕事人間だったテッドは、ビリー(子供)中心の生活に切り替えるのですが、うまくいかない部分も多く、大人気なく怒鳴りつけちゃったり、喧嘩しちゃったり、しながらコミュニケーションを深めていきます。これは、ジョアンナが出ていかなければ、起きえなかっただろうと思われるので、災いが転じて福となっている最も大きな部分でしょう。

学芸会へいったり、
自転車にのれるようになったり、
ジャングルジムから落ちて何針もぬったり、
そして、有名な「フレンチトースト」。最初は酷いありさまだったのですが、ビリーが家を出なければならない朝は、呼吸ぴったりのチームワークです。


仲直りのシーンで、ビリーが「僕が悪い子だったから、ママは出ていっちゃったの?」的なことを聞きます。それに対してテッドは、ビリーにこう説明します。

「ママは君のことをとても愛しているよ。パパがでも長い間ママを理想の型にはめ込もうとしたのだけど、ママはそんなタイプじゃなかったんだよ。ママはパパを幸せにするためにすごく頑張ったんだよ。でも難しくて話し合おうとしたんだけれど、パパは仕事が忙しいって、自分の事ばっかりで、聞こうとしなかったんだ。」

「パパが幸せだったら、ママは幸せなんだと思い込んでいたんだよ。でもママは実はすごく悲しかったんだ。」

「ママがこれまで家を出られなかったのは、君をとても愛していたからだよ。でもとうとう耐えられなくなってしまったんだ。だから君が原因で家を出たのではなく、パパが原因で家を出たんだよ。」

なんだか凄いです。
大人扱い?というか、ちゃんと向き合っていますね。
そして、ビリーが「Dad, I am sorry.」とか「Dad, I love you.」とか、そういう事を言うたびに、そういう文化なんだとは分かっていても、そのコミュニケーション力の高さに感動します。「ごめんなさい」はあっても、両親に「愛しているよ」なんて、言ったことがないですから。



そして、ジョアンナがニューヨークに戻ってきます。ジョアンナから語られた家を出た理由というのは、「これまでの人生ずっと誰かの母で、妻で、娘で…自分が何者かわからなかった。カリフォルニアに行って、自分を見つけて、仕事も見つけて、自分にもビリーを養えることがわかった。そして自分にとって何が最も大切かがわかったの…」と、親権を主張します。

裁判の開始ですね。タイミング悪くずっと子供との生活を優先してきたテッドは職を失ってします。

火事場の馬鹿力??
凄い強引さで、給与減も飲み込んで、クリスマス前のそぞろな時期になんとか仕事を見つけます。戦うパパです。

裁判は、お互いの悪いところを指摘しあう消耗戦です。テッドは残念ながら負けてしまい、費用がかかろうとも上訴する気満々でいたのですが、弁護士から「子供を法廷に立たせて証言させましょう」との提案に、断念します。

ジョアンナの友人マーガレットが、いつの間にかテッドの友人マーガレットに変わっていくところもジーンとします。徐々に信頼関係を気付いていき、裁判ではテッドとビリーの素晴らしい関係をジョアンナに伝えようとします。よよよ。

そして、ジョアンナがビリーを迎えにくる朝、ジョアンナは、ビリーの「家」は、既にあったことを受け止め、一緒に暮らすことを断念します。ジョアンナが一人でビリーに説明に行くところでエンディングです。お互いに折り合いがついた瞬間です。


この映画に対してずっと抱いてきたイメージは、「悲しい話」だったのですが、見返してみると、妻にとっても、夫にとっても、自分にとって大切なものは何か?を知り、それを大切にすることのきっかけとなったベストエンディングだと思えるようになりました。