映画、「悪の法則」鑑賞記録

映画、「悪の法則」鑑賞記録

キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルスとその夫、ブラッド・ピットにマグニート(←)の豪華俳優陣が二度と観たくないトラウマな顔に変わるとは…鬼才リドリー・スコット恐るべし。です。この機会に「2度と観たくない映画」というラベルを作りました。

基本情報


邦題 悪の法則
原題 The Counselor
タイプ クライムスリラー 
公開年 2013-11-15
監督
リドリー・スコット
原作者
コーマック・マッカーシー
出演者
マイケル・ファスベンダー, キャメロン・ディアス, ペネロペ・クルス
公式サイトURLhttp://www.foxmovies.jp/akuno-housoku/
おすすめ度 1 (1~5点)

ストーリー

公式サイトより引用;
すべての始まりは、“カウンセラー”と呼ばれる若く有能な弁護士がちょっとした出来心で裏社会のビジネスに手を染めたことだった。美しいフィアンセとの輝かしい未来を夢見たその欲望は、周囲のセレブリティたちを否応なく危険な事態に巻き込み、彼らの虚飾に満ちた日常を揺るがしていく。しかし彼らは、まだ気づいていなかった。自分たちがこの世の闇に渦巻く“悪の法則”に魅入られ、もはや逃れようのない戦慄の罠に絡め取られてしまったことに……。

感想

まず俳優陣が豪華で、しかもいつもきっちり映画を魅せてくれるリドリー・スコット監督だと、興味が湧くかもしれませんが、要注意です!!!!

惨いし、グロい部分もあるし、途中で逃げ出したくなりました。流石、リドリー・スコット監督!!「2度と観たくない映画」(=1点)です。「つまらなくて時間の無駄作」(=2点)とは決して違います。観たことを忘れちゃって記録に残せない映画とも違います。インパクトの強い映画だからこそ、超苦手で、忘れたくても忘れられません。号泣。


そして平均評価が低くても、惑わされないでください。好き嫌いというか、得手不得手がはっきり分かれる作品です。私はダメでしたけれど、がっつりと「映画」でした。

しかし、この監督は何を基準に作品を選んでらっしゃるのでしょうね。ばらついていますよね。スリラーは怖すぎるから気をつけなければなりません。

この映画、原題は「The Counselor」(カウンセラー)というんです。俳優と監督だけで深く考えずに観はじめちゃいました。邦題の「悪の法則」だと、「あ!これは怖い方のリドリーだな。」っとか想像ができたかもしれません。せめてトレイラーをチェックしてから観るかどうかを決めようと肝に銘じました。

2016-08-10
のろのろ

Comment

コメントを投稿する
記事: 映画、「悪の法則」鑑賞記録

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback