映画ブログを始めるにあたって、10の心構え

映画ブログを始めるにあたって、10の心構え

映画ブログを始めるにあたって、「映画ブログの書き方」を調べてみました。30記事ぐらい読んで、自分的に納得がいった部分を「10の心構え」として書き残しておくことにしました。

1, 魂を込める、思い入れを語る、自由に書く

映画ブログの読者は、「感動」に敏感なのでしょうか?
大なり小なり「感動」を求めて映画を観るわけですから、関連ブログへのニーズも、「共感」や「感動の種の発掘」なのでしょうね。
地域ブログ、ライフスタイルブログでは見かけないタイプのアドバイスでした。

私の場合、映画を観ることが習慣化して、流しで観ていることも多く、毎回大きく感動しているわけではないので、この点は特に気をつけながら書こうと思いました。(ちゃんと「感動しないよ」と書く?)

2, 基本情報は簡潔に

グーグルで映画名を検索すると右横に出てくるような情報ですよね。同じものがブログにも必要なのか?

観る映画が決まっていなくてふらふら探している時にはあった方がいいかもしれません。

Googleのリッチスニペットが反映されることを目指して、マークアップできる項目を参考にしました。こんな感じ↓

邦題 グランド・イリュージョン
原題 Now You See Me
タイプ クライム
公開年 2013-05-21
監督
ルイ・レテリエ
原作者
ボアズ・イェーキン, エドワード・リコート
出演者
ジェシー・アイゼンバーグ, ウディ・ハレルソン, マイケル・ケイン
公式サイトURL http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/dvd/
おすすめ度 5 (1~5点)

3, あらすじと感想を分ける

あらすじと感想を合わせて書くと、あらすじ(説明)に終始してしまい、伝えたい「感動」が伝わらなくなる危険性があるそうです。

単なるあらすじならそこかしこに転がっているわけですから、個人的なツボを明確に書き分ける!
納得です。

4, わかりやすく書く

これは映画だけじゃなく、どのカテゴリーのブログでもアドバイスされていました。「わかりやすくが一番難しいんだよ!」とちょっと逆切れしそうになります。「映画ブログ」の検索結果では、わかりやすくするための明記ポイントが各所で紹介されていました。

  1. 観ていない人への紹介か?、観た人への解説か?
  2. オススメか?、注意喚起か?
  3. 好きか?、嫌いか?
  4. 新作(=映画館か?)、旧作(=DVDか?)
  5. ネタバレか?、ネタバレなしか?
  6. 良い点、悪い点

個人的には、「観た人への解説か?」の部分に驚きました。真の映画好きは、より深く味わいたい!とネタバレありの深い考察がニーズなんでしょうね。

ネタバレなしならメーカーの広告情報や映画情報サイトと競合しているとすると、「ブログ」にはネタバレありの方がより求められるのかな??

5, 話題作を入れる

これは、時事ネタのようなものですね。注目を浴びているホットな時期に書くことでアクセスを集める技みたいなものでしょう。

6, 情報の深度を明確にする

私の感触では、下記の順に内容が濃くなっていくイメージです;

「感想」→「レビュー」→「批評」→「ネタバレ」→「解説」→「考察」

映画ならではかもしれませんね。私は「オススメ映画を探しているけど、解説・考察はいらない」タイプです。自分と同じニーズの読者を想定すると書きやすいです。というか、考察とか技術的に書けない…です。

ボチボチでも成長できるかな?
うーん。そもそも続けられるかな??

7, 得意なジャンル、好きなジャンルについて書く

「1つのカテゴリーを極める」なんて表現もありました。より質の高い情報になりやすいっていう事なんでしょうけれど、むしろ、不得意なジャンルに挑戦する勇気なんてないから、この点は多分大丈夫…

8, 書き出しを工夫する

最初の一行は自分の言葉で書く。これはブログ一般かな?
「人」を引き付けるのに重要な要素であるとともに、「ロボ」に読んでもらう場所でもありそうです。

検索ロボが読む「meta description」が書き出しの100文字とかそういう風に設定されているブログプラットホームもあるみたいです。私が使っているBloggerの場合は、「検索向けの説明」という専用箇所がそれに該当するみたいですので、できるだけ書こうと思いました。

9, 1記事、1,000文字以上

これもブログ一般っぽいですよ。個人的な好みは、短くサクッと書いているのが好きなのですが、読者の多くは読みごたえを期待しているのでしょうね。もしくはロボ的なものに良い記事だと認めてもらうのにそのくらい必要なのでしょうか?

1の熱意があれば、文字数は増えるのでしょうか??

ちなみにこの記事は、1,800文字ぐらいです。調べもの+文書化に半日かかりました。
難儀です。

10, 毎日書く、長く続ける

再度、ブログ一般の模様です。記事がたくさんあればあるほど検索ランキングが上がり読まれる記事になっていく云々で、毎日書いていかないと増えないですからね。アフィリエイトとかアドセンスをやる人には大事なポイントでしょうね。

私はそこまで続くかわかりませんから、しばらく様子見です。



いろいろ調べて自分なりにまとめてみたのですが、ここまで読んでくださった方で、「それは違うでしょ?」みたいなことがあったら、教えてくださいませ~~。

Comment

コメントを投稿する
記事: 映画ブログを始めるにあたって、10の心構え

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback