映画、「ユージュアル・サスペクツ」鑑賞記録

映画、「ユージュアル・サスペクツ」鑑賞記録

基本情報

邦題 ユージュアル・サスペクツ
原題 The Usual Suspects
タイプ サスペンス
公開年 1995-08-25
監督
ブライアン・シンガー
原作者

出演者
ケヴン・スペイシー, ベニチオ・デル・トロ, ピート・ポスルスウェイト
公式サイトURL
おすすめ度 5 (1~5点)

ストーリー

ウィキペディアより引用;
カリフォルニア州のサンペドロ港に停泊していた船が爆発・炎上。銃殺体を含む多数の遺体が見つかった。船は実はマフィアの麻薬密輸船であり、船の炎上と多数の死者は、マフィアと対立組織の抗争によるものと思われた。関税局捜査官クイヤンは、ただ一人無傷で生き残った男、ヴァーバル・キントを尋問する。元々はケチな詐欺師であったキントは、事件が起こるまでの一連の過程をぽつりぽつりと語り始める。


感想

アガサ・クリスティの「アクロイド殺人」から脚本が生まれたので、原作者はないみたいですね。昔の映画なので、公式URLもないみたいです。

ケビン・スペイシーの名演つながりでこの作品を選んだのですが、鑑賞したのが昔過ぎて細かいところは覚えていません。サスペンスって途中から話がみえたり、ダレたりするしますが、この作品はどんどん謎が深まり、緊張感も高まっていく最初から最後まで楽しめる作品でした。「隠居したらもう一度みたい作品」というタグをふって将来の楽しみの為にリスト化することにいたしました。

細々といろんな映画に出没して名わき役っぷりを発揮するピート・ポスルスウェイトをはじめとし、他の個性派の出演者たちの配役も素晴らしくて、いろいろな要素がしっくりとピースにはまった印象的な作品です。

監督は、X-Menをたくさん撮っているブライアン・シンガー監督です。

本ブログ初の5点満点映画がかなり昔に観た作品で、あんまり紹介の仕様がないとは、私のテキトーな性格がよく現れていて微妙です。

2016-08-05
のろのろ

Comment

コメントを投稿する
記事: 映画、「ユージュアル・サスペクツ」鑑賞記録

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback