映画、「しあわせはどこにある」鑑賞記録

映画、「しあわせはどこにある」鑑賞記録

基本情報

邦題 しあわせはどこにある
原題 Hector and the Search for Happiness
タイプ ドラマ
公開年 2014-08-15
監督
ピーター・チェルソム
原作者
フランソワ・ルロール
出演者
サイモン・ペグ, ロザムンド・パイク
公式サイトURL http://shiawase-movie.com/
おすすめ度 4 (1~5点)


ストーリー

ウィキペディアより引用;
ロンドンの精神科医ヘクターは完璧な恋人クララと何不自由なく暮らしていたが、患者たちの悩みを聞き続けるうちに「幸せとは何か」との疑問を抱くようになると、その答えを求めて世界中を調査して回ろうと旅に出ることにする。クララとの間に微妙な空気が流れつつも、上海からチベット、アフリカ、ロサンゼルスと旅を続ける中で、ヘクターは様々な人々と出会い、時にはトラブルに見舞われながらも、各地で知った幸せのヒントを手帳に記録していき、遂には自分にとっての幸せとは何かに気付く。


感想

平凡な中年男性が突然旅に出て、ビックリ体験を重ねて、人生の転機を迎えるという流れが「LIFE!」に少し似ていました。

なんだろう?
人は煮詰まると旅に出ると解決すると思えちゃうんでしょうか?

旅の体験がベタで少々退屈ではありましたが、エンディング最後の10分は、この退屈さを乗り越えてこそ感動できたような気がしますので、我慢してよかったです。

主人公ヘクター役のサイモン・ペグがいつもながら、とてもいい味を出していました。脇を固める役者さんがまた粒ぞろいで素晴らしい配役でした。


5点にするかかなり迷って、途中のたるみがなぁ~。っと、4点にしました。
厳しいかな?
5点にかえようかな?
うーん。


2016-07-26
のろのろ

Comment

コメントを投稿する
記事: 映画、「しあわせはどこにある」鑑賞記録

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback