💎イギリス賃貸、大家さんが検査に来る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

💎イギリス賃貸、大家さんが検査に来る

うちの大家さんは、南フランスに住んでいるイギリス老婦人でした。

普段はイギリスには住んでいません。

Tenant Inspection

イギリスに帰ってきている間にテナントの家に定期視察訪問しているみたいです。
※ここでは家を借りる時もオフィスや店舗を借りる時もどちらも「テナント(=賃借人)」でいいみたいです。

日本では不動産賃貸業者としか連絡を取った事がなかった様に思います。
大家さんは名前も知りませんでした。

メールにTenant Inspectionなんて書いていたのでちょっと緊張致しました。
素敵なおばあちゃんで、いい人そうでした。

中国の最初の家は、大家さんが家を見せてくれましたし、
中国の2件目は、ソファーや書棚を大家さんが自ら交換してくれました。

インドでは、大家さんの家の2階に住んでおり、とてもお世話になりました。
海外暮らしを始めてから、大家さんとの距離がぐっと近づいた気がします。

逆に言うと、仲介会社はあまり色々やってくれません。

日本の感覚では何となく違和感がある大家さんのインスペクション(店子検査)ですが、私がケチケチ駐在員だからなのか?、外国ってそんなものなのか?よくわかりませんが、賃貸暮らしが長いと大家さんの当たりはずれが凄く重要に思えてきます。

Comment

コメントを投稿する
記事: 💎イギリス賃貸、大家さんが検査に来る

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。