茶リスと灰リスの仁義なき戦い

茶リスと灰リスの仁義なき戦い

か、どうか知りませんが、周りのイギリス人とドイツ人が共通して「茶リス」ファンなのがコミカルです。


茶リスが在来種で灰リスが外来種


茶リスは在来種で、小さくてかわいい
灰リスは外来種で、大きくてネズミみたいで獰猛

茶リスは灰リスに生息地を奪われて、数が少なくなっているそうです。


イギリス人とドイツ人には、リスの違いが見分けられる模様です。しかもリスの話になると、どんな人も顔がとろ~ん。と、なるようです。

大家さんとそのご友人はオクスフォードにビジネススクールがなかった時代、マンチェスターでビジネススクールのご学友だったとかの相当なデキルおばあちゃんですが、リスの話になると顔が少女に戻っていました。

2メートル以上の大男のドイツ人同僚も、リスの話のときは、「かわいいよね~♪」と、顔が少女化していました。

このほか、上の階の人が、リスを餌付けしようとピーナッツを置いて、巨大な野バトを召喚したりしていました。

私には違いがよくわかりません。灰リスに占拠された後の灰色テリトリーなのかもしれません。


私も餌付けに挑戦して、失敗


イギリスのクリスマスシーズンには、ナッツとドライフルーツの詰め合わせがクリスマスパックで販売されます。お茶請けに最適なので、いろいろ買ってみています。

クリスマスナッツ

冬にドライフルーツとナッツをキャンペーン的に販売するところが、中国(春節時)とイギリス(クリスマス時)は似ていると思います。日本でどうだったかは、思い出せませんが、両親がナッツをあまり食べないのであまりなじみがありません。

私は中国に住んでいる間に、ドライフルーツの金柑にはまって、冬のお茶請けの定番は干し金柑でした。

なんだかだで味が安定しているピスタチオが多いのですが、殻が開いていないものの扱いに困っています。そういえば、昔、リタイア界にもアメリカ駐在中に、バルコニー(庭?)にナッツを置いてリスの写真を撮っていた方がいらしたな~っと思い出して、私もおいてみることにしました。

今のところ、全く反応なしです。


もうどのブログかわからなくなっちゃって、どのナッツを置いていたか参考にできなくて残念ですが、幸せリタイア生活を満喫されておられることをお祈り申し上げます。

相変わらず、とりとめのなく。

Comment


★Re: ピーナツ県民ですけどピーナツはあまり好きじゃない★


> こんにちは。
> 日本にはあんまりナッツだけを食べる習慣はないと思いますよ。
> 何故なら日本では採れない物がほとんどだから。
> あるとしたらクルミくらいかなぁ。
> 国産ピーナツは高いからと敬遠されるくらいだし。
> 私はナッツもドライフルーツも大好きなんですけどね、健康面からあまり手を出さないようにしてます。
>
> リスが庭に来るのってステキですね。
> 少し前までうちの近所にはタヌキが出没してましたけど、さすがに最近見ないような気がします。
> ここ10年でさらに宅地化が進んだせいでしょうか。
> そういえばヤモリも見なくなったような・・・。
> えっっ?!うちのヤモリ家守がいなくなったら困るでしょ〜?どこ行ったの〜?

おぉ!!!
ヤモリ=家守なんですね〜〜!
ヤモリのいるお家もいいですね〜。実家に小さなカエルが紛れ込んで、勝手に巨大化して、洗濯干しの下で何度も越冬していました。スッカリ家族な気分になっていたのですが、ヤモリも冬眠するのかな?

タヌキは、もともと見かけなかったのですが、最近になって現れるようになったらしく、近所の側溝からポッと出てきてビックリでした。リスは、カワイイのですが、鳴き声が微妙です。ピスタチオ、見つからないのか、興味ないのか、持って行ってもらえないので、クルミを試してみようかなと思いました。

国産ピーナッツ、確かに贅沢な響きです。柿ピーは、駐在員が喜ぶお土産ランキングの上位らしいです。

のろのろ |  No.380


★ピーナツ県民ですけどピーナツはあまり好きじゃない★


こんにちは。
日本にはあんまりナッツだけを食べる習慣はないと思いますよ。
何故なら日本では採れない物がほとんどだから。
あるとしたらクルミくらいかなぁ。
国産ピーナツは高いからと敬遠されるくらいだし。
私はナッツもドライフルーツも大好きなんですけどね、健康面からあまり手を出さないようにしてます。

リスが庭に来るのってステキですね。
少し前までうちの近所にはタヌキが出没してましたけど、さすがに最近見ないような気がします。
ここ10年でさらに宅地化が進んだせいでしょうか。
そういえばヤモリも見なくなったような・・・。
えっっ?!うちのヤモリ家守がいなくなったら困るでしょ〜?どこ行ったの〜?

ケフコタカハシ |  [ 編集 ] No.379

コメントを投稿する
記事: 茶リスと灰リスの仁義なき戦い

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback