イギリスと中国の共通点2、巨大なショウガ

イギリスと中国の共通点2、巨大なショウガ

ナッツの話で思い出したのですが、イギリスと中国が似ているな~っと思った事がもう一つありました。ショウガの売り方です。


日本のショウガより巨大


生姜
既にみずみずしい時期はすぎちゃっているのですが、イギリスも中国も巨大なショウガを売っています。日本のショウガはもっときゃしゃで小振り、インドのショウガは日本のショウガが痩せ細った感じで売っています。インドの場合、紛体になっているものもあります。カレーに入れやすい形状ですね。

みずみずしい時期のショウガは本当にきれいで、皮をむかなくてもよさそうにしています。

生姜2

大きさが伝わるように、メガネケースとピスタチオを置いてみました。
これ、食べるのに1か月ぐらいかかりそうです。

私は毎日スープに入れています。
鳥・豚・牛・羊と、どのスープにも合いますが、個人的には豚と合わせるのが一番好きです。
身体が温まります。

生姜3

調子にのって、もう一枚。
ピスタチオと携帯用キーボードです。
大き目のショウガと小さ目のキーボードで、なんだか不思議な写真が撮れたと喜んでいます。


Comment

コメントを投稿する
記事: イギリスと中国の共通点2、巨大なショウガ

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback