寒空の下、知らないお年寄りの昔話につきあって体調不良

寒空の下、知らないお年寄りの昔話につきあって体調不良

いやぁ。イギリスカテの皆さんが書いておられる様に、寒いです。


イギリスの夏は、涼しいというか、寒い


私が出歩く時間帯は13度ぐらいでしょうか?
スプリングコートに毛の裏地をつけてもなお寒いオクスフォードです。

イギリス人の顔見知りとの挨拶時の話題は、何故か一様に「ドイツは暑いらしい」です。
夏は他人事です。


元ジャーナリストのお年寄りに出会う


先日、バス停で宗教勧誘を受けてからというもの、ギリギリまで反対側のバス停のベンチでバスを待つ様にしました。
そうしたら、隣にお年寄りが座って、昔話を始めてしまって大弱りでした。


かつてジャーナリストだったという彼が賞をもらった時の話、フランスに駐在していた時の話、その頃出会った美しいフランス女性の話、同フランス人女性とのお付き合いの話、別れの話、帰国してからの話、そしてバスを2台逃した私...

うーん。お年寄りがあまりに楽しそうに話しているから、彼のバスが来るまで聞いてあげようなんて思ったのが、間違いでした。何台通り過ぎても乗らないから、どのバスに乗るのか聞いたら、この辺に住んでるから歩いて帰るって!

えぇぇぇぇ〜?乗らないの〜〜?


しようがないので、「今日はとても寒いです。お体に触りますから、もうお帰りになった方がいいですよ。」と言って、お帰りいただくまで40-50分、寒空の下で冷風に当たったので、もう寒気がひどくて、ここ数日体調不良でした。



今朝、ようやく復活出来た感じです。
そのお年寄りも体調を崩していないといいのですが...
(風邪や肺炎にかかって入院なんて事になっていたらどうしよう。)

Comment


★ぷうままさん。コメントありがとうございます〜★


あ〜。ロンドンで話しかけられるとろくな事ないですね〜。友人がジプシーに小銭あげてるの待っていて、もう一人の子供に携帯盗まれた事あります。変な人も多いし、要注意ですよね。

お年寄りは、幸せホルモン出てるといいなぁ〜。少なくとも若い頃の楽しかった思い出は存分に蘇ったとは思うんですけどね〜。

徘徊しちゃってたんじゃないかと、後から思えてならないんですよね〜。寒さ痺れるトワイライトでしたから、家族に電話して迎えに来てもらったとか、家まで送ってあげたとか、警察に引き渡したとかだと美談かもですね。今回で心の準備は出来ましたから、次回は強制送還します!なんのこっちゃ?ですね。

のろのろ |  No.38


★★


おつかれさまでした。
体調崩したようで大変だったでしょうが、見方によっては美談です!
のろのろさん、よいことをしたと思います。
そのお年寄りは、大丈夫ですよ。
沢山話せて、脳細胞活発になって、幸せホルモンが出て、体調よくなったはずです。
『孤独』が人を病気にする、と言いますからね。
話をちょっとするだけでも、心と体にはとてもよいそうですよ。
英国は、話し相手のいない一人暮らしのお年寄りはかなりの数がいるようですから。

ロンドンの中心地に近いエリアに住んでいるので、ヘンな人がヘンな用事でしか声をかけてこないので、私は常に音楽聴いてます。
関わり合いになりたくないー、無視したり気付かないふりしたり。いろいろ大変ー.ー;

ぷうまま |  No.37

コメントを投稿する
記事: 寒空の下、知らないお年寄りの昔話につきあって体調不良

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback