美しい崖の上の硬い水

美しい崖の上の硬い水

15年ぶりにイギリスに住み始めて、懐かしく思い出されたイギリスの硬い水。お肌に悪いとか、髪がばさばさになるとか、素敵女子の敵視されていそうです。

石灰の結晶化、1週間モノ


石灰の結晶

湯沸かしポットの内側にへばりついてくる石灰の結晶を育ててみました。これをブログ記事にしようと思い立ってから、約1か月間、石灰を育てては、誤って捨てるを繰り返し、ようやく良さげなものができました。誤って捨てなければ、1週間くらいでこの大きさになります。

ポットに石灰の結晶が溜まってくると無意識に身体が勝手に流しに捨てる。これもイギリスならではの習慣というか、イギリスあるある?

今使っている湯沸かしポットは、中国で購入したもので、10度単位で温度を指定してお湯を作れるので、便利です。中国→インド→イギリスはともに220-240Vなので、差込口の形状だけ調整すれば問題なく使えますが、イギリスに来てから内側に石灰晶がへばりついて、そろそろ寿命が来そうな雰囲気です。


実は容易に想像がつく


IOW
この写真はイギリス南部ワイト島のものなので、凄くわかりやすいとは言えませんが、ドーバーやセブンシスターズなど白い崖が観光地になっている都市もあるぐらいで、イギリス南部の海岸線は大体こういう感じっぽいです。(←私はあまり行ったことがない)

このような地盤がどのくらいの範囲で広がっているのかわかりませんが、ポットの内側に湯垢というにはあまりにダイナミックな結晶が生じることから、オクスフォードの下もこんな感じだと想像しています。


美しい崖の上の、硬い水。
いい思い出になりそうです。

Comment


★ぷうままさん♪コメントありがとうございます!★


> 石灰の結晶、かわゆいですね。
> いとおしいですよね。
> 石灰の結晶育成のコンピューターゲーム、とか、ないんでしょうか?
> 最初はビックリしたけど、今はもはや慣れっこ。
> 大きい石灰が電気ポットに出来て、それがコロンと取れるのが気持ちいい。
> 硬水に慣れると、日本の水は柔らかくて優しくて、これもビックリ。

石灰の結晶に愛着を感じてらっしゃる人が他にもいるなんて!
じ~ん。

お湯を沸かしているときに、ボコッと大きな音がしたら、これはもしや大きいのがはがれたのでは?っと思わず中を覗き込んじゃいます。

水道水が飲めない地域に長い事住んでいたので、蛇口をひねってそのまま飲む生活もまた楽しいです!

ぷうままさんが書かれていた、芽キャベツもかわゆいですよね。
休暇が明けたら、Aldiへ走ります!笑。

のろのろ |  No.392


★★


石灰の結晶、かわゆいですね。
いとおしいですよね。
石灰の結晶育成のコンピューターゲーム、とか、ないんでしょうか?
最初はビックリしたけど、今はもはや慣れっこ。
大きい石灰が電気ポットに出来て、それがコロンと取れるのが気持ちいい。
硬水に慣れると、日本の水は柔らかくて優しくて、これもビックリ。

ぷうまま |  No.389

コメントを投稿する
記事: 美しい崖の上の硬い水

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback