イギリスのレトルト食品に挑戦する

イギリスのレトルト食品に挑戦する

バカと天才は紙一重とは、よく言ったものですね。家事力が壊滅的な私は、あまり冷凍食品やレトルト食品を食べたことがありません。一周まわって、凄腕主婦っぽくないですか?


イギリスのレトルト食品


まず、あまりに無知で、これをレトルトと呼んでいいのかわかりません。っていうところからスタートです。
イギリスのレトルト
スーパーに売っていた「タイチキングリーンカレー」と「インドチキンティカマサラ」です。

レトルトカレーときいて私が想像するのは、銀色のパウチパックに入って、保存期間が長くて、非常食とかにできそうな勢いの食べ物です。これは、タイカレーの方が1月11日(3日後)までで、インドカレーの方が1月13日(5日後)なので、おそらくレトルトカレーとは言わないんだと思うのですが、他になんと呼ぶのかわかりません。

ファミレスのお弁当はもっと賞味期限が短めですし…
中間的な何か??
うーん。


ご飯はついていない


イギリスの米

おかずだけなので、ご飯は別に準備する必要があります。
ナンブレッドなんかで食べる場合もあるからでしょうか?

今回は、ジャスミンライスとバスマティーライスを買ってみました。
こちらは、賞味期限が2017年12月までで、長めです。レトルト食品でOKでしょうか?
インドでは、ジャスミンライスと普通のライスがあります。バスマティーライスはインドの「普通のライス」のことだと理解しました。

中国の香米(Aromatic Rice?)は、はじめ臭いがきつくて食べられませんでした。しかし、出張も多く、外食ばかりですから、背に腹は代えられず、次第に食べられるようになって、今ではおいしいとすら思います。味オンチは、そういうところこだわりがなくて、いいかもしれません。


気になるお値段の方は…


あ、気にならないかも?
私は、これ、お弁当にならないかな?と思ったので、いつも食堂で払っている£6より高いかどうか、気になりました。

それでは、お値段を商品説明を添えて…

Green Thai Chicken Curry

Pieces of marinated chicken breast and bamboo shoots in a coconut sauce with lemon grass, coriander & galangal
グリーンタイチキンカレー
マリネした鳥の胸肉とシナチクが入った、レモングラス、コリアンダー、ガランガル入りのココナッツソースです。

あ~。私、コピーライティングの才能ないわ…
£3.9って、高っ!
シナチクに心奪われて、買う前に値段見るの忘れていました。
ふんだんに入っていたシナチクに大満足なので、全然OKですけどね。


Indian Hot Chicken Tikka Masala

Pieces of char-grilled marinated chicken breast in a hot tandoori spiced cream and tomato sauce
インディアンホットチキンティカマサラ
直火焼きしてマリネした鳥胸肉が入った、辛口タンドーリスパイスクリーム&トマトソース
£3.9…

どちらも350Gでした。カロリーは、タイの方が462kcal、インドの方が610kcal
お米は1パック£1で、280G、420kcalです。
量が多いな~っと思って、2食に分けて食べました。

1食£2.45なら、まぁいいのかもしれません。
しかし会社のランチは残すと処分に困りますから、お弁当箱に詰め直すとか工夫しないとダメですね。

中国で、現地生産の明治銀座カリーにはまっていた時も、最初は1食間食できなくてお腹を痛めていましたっけ…
あれは、半分だと少ないんですよね~。

スーパーに売っているものを駆使できるのも、一つの家事力ですね。
スポンサーサイト

Comment

コメントを投稿する
記事: イギリスのレトルト食品に挑戦する

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback