イギリス初のプラスチック銀行券にベジタリアン激怒

イギリス初のプラスチック銀行券にベジタリアン激怒

紙幣は、日本では銀行券。イギリスでは、Bank Note。アメリカでは、Bill。イギリスでは、2016年9月に5ポンド紙幣がプラスチックになりました。真ん中シースルーで、金色のビックベンがかっこいい感じです。お札の中のエリザベス女王は、しばらくずっと年をとらず、うらやましい限りです。


新紙幣に動物由来の油脂が使われているらしい


ベジタリアンやベーガンの方々にはお気の毒なことです。まずは各誌の記事タイトルから何が起きたかお伝えします。

The Gardian誌、2016-11-29
Bank of England urged to make new £5 note vegan-friendly
More than 70,000 sign petition to cease use of tallow in production process, saying it is unacceptable to vegans and vegetarians(後略)
※へなちょこ訳;「英中銀、新5ポンド札をベーガンフレンドリーに変えるように追い立てられる」、7万人以上が(新札の)製造過程で獣脂を使用するのをやめるための請願書にサインした。ベーガン、ベジタリアンには受け入れられないと言っている。

Indipendent誌、2016-12-1
Bank of England trying to find 'solution' to remove animal fat from new £5 note as thousands sign petition
More than 100,000 people sign petition demanding use of tallow be stopped(後略)
※へなちょこ訳;数千人が請願書に署名したため、英中銀は新5ポンド札から動物由来の油脂を取り除くための「解決策」を探そうとしている。

The Telegraph誌、2016-12-3
Vegetarian café refuses to take new £5 note over animal fat row
The owner of a vegetarian café has said she will no longer accept new £5 notes until they are made without animal products.(中略)More than 120,000 people have signed a petition against the use of tallow to manufacture the new polymer notes, which were released in September.
※へなちょこ訳;「ベジタリアンカフェで、動物由来の油脂に反感を抱き、新5ポンド札受け取りを拒否」、あるベジタリアンカフェのオーナーは、動物由来製品が含まれないものができるまで、新5ポンド紙幣を受け取るのをやめたとのこと。(中略)既に12万人が9月にリリースされた新しいプラスチック紙幣に獣脂を使うことを反対する請願書に署名している。



11月29日に7万人で、12月1日に10万人で、12月3日に12万人が署名したとあります。凄い勢いです…
ベジタリアン、ベーガンの人数と勢い(怒り?)に圧倒されます。
早く解決するといいですね。


ベジタリアンとベーガンの違い


インドには、宗教的な理由でのベジタリアンやベーガンが沢山いらっしゃいました。だから私も外ではできるだけ動物由来のものを口にしないようにしていましたし、鞄や靴も極力動物由来でないものに変更しました。

インドで聞いたベジタリアンとベーガンの違いは、「ベジタリアンは、殺生しない範囲で動物由来のものを食べる。例えばミルクやチーズ。ベーガンは一切ダメ。」というようなものだったと思います。

飛行機と机以外は何でも食べると自分たちで自慢している中国から移動すると、閉塞感がありましたが、これはこれ、それはそれ。

ベジタリアンなのに、ものすごくお腹が出ているメタボ体系の人たちが沢山いましたから、植物由来であっても油は油。油に限らず食べ過ぎと運動不足は健康に良くなさそうです。


脱線;久しぶりに紙の辞書を引いた「row」


row, noun, (over sth) a serious disagreement between people, organisations, etc.
へぇ~。
昨今、なんでもネットを引けば出てくる世の中ですが、イマイチしっくりくる答えが見つからず、紙の辞書を引いてみたら答えが見つかりました。全く使わないから捨てようかと思っていたのですが、もうしばらく残して置くことにしました。


脱線の脱線;記事が見つからないニュースメディアに失笑


この記事に挙げた3誌以外にもいくつかのメディアの記事が見つかりましたが、名指しで探しても見つからないメディアもありました。最近は不思議と「何が起きたか?」よりも、「誰がどう受け止めているか?」の方に興味があります。

無言・静観が示唆する「ポジション」は特に興味深いです。


この記事がボツになった理由は、脱線がこの後もだらだら続いたためですので、この辺りにしておきます。
笑。

Comment

コメントを投稿する
記事: イギリス初のプラスチック銀行券にベジタリアン激怒

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback