💎39才にしてリタイア可能な英国人知人の不動産投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

💎39才にしてリタイア可能な英国人知人の不動産投資

昨日「イギリスの大家さんは儲かるのか?」と題して、イギリスは古くなっても家の価値が下がりにくいので、ローンさえ組めれば不動産投資は堅実だと書きました。

但し、食べていくために必要と思われる5軒分のローンを組む為には相当の信用力が必要で、もともとお金持ちな人にしか許されておりません…

別の英国人は、この問題を解消するためにローンは1軒分だけで「わらしべ長者」戦術をとっていました。

DIYで付加価値を高める

この英国人はDIYが趣味なので、需要がそれなりにあるエリアのボロ屋を買って、3~4年がかりでリノベーションをしているみたいです。

引っ越すごとに£50,000~100,000ぐらい付加価値がつくようなリノベーションが見込める家を探すらしいです。

そうすると1軒1~2千万円の利益になりますよね。

20代の頃からこの積み重ねで引っ越しを続けているので、働かなくてもよくなってきて、もうそろそろ最後の家、つまり自分の終の棲家のプロジェクトを考えているという事でした。

DIYの趣味と実益が見事にマッチして、40歳で働かなくてよくなるというのは、素晴らしいことですね!!

うらやましい

Comment

コメントを投稿する
記事: 💎39才にしてリタイア可能な英国人知人の不動産投資

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。