ウェールズ大好き!(ついでに新1ポンドコインについて)

ウェールズ大好き!(ついでに新1ポンドコインについて)

国旗編

ユニオンジャック

はい!どーんときましたユニオンジャック。
イギリスと言えば、ユニオンジャック!的な記事を書きたいところですが、本日は私のウェールズへの愛を語る記事です。


UKは、the United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandです。
日本語でいうとグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国ですね。
イングランド、スコットランド、アイルランド(北部)、ウェールズの連合王国のはずなんですね。


ふふふ。

ユニオンジャックの成り立ち

ユニオンジャックの成り立ちを見るに、イングランド+スコットランド+アイルランドなんです。


ウェールズは、どこへ行ったの??

ウェールズの国旗

↑が、ウェールズの国旗です。
白と緑で、しかも真ん中にドラゴンがどーんと!
どうですか?
この空気読んでいない感。
なんだかほっとしませんか?

国花編

クラウンフローラルバッジ

このクラウンフローラルバッジ、イギリスに住んでいるとちょいちょい見かけます。

イングランドのチューダーローズ、スコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロック(クローバー)です。

で、またもや、行方不明のウェールズ。

彼らの国花はどんな感じかと言うと…

ウェールズのネギ

大丈夫!
見間違いではありません。
ネギです。ネギ。
深谷ネギみたいな立派なネギです。
なかなか斬新ですよね。
アイルランドもお花じゃないけれど、三位一体のシンボル的なものらしく、理解ができます。
ウェールズのネギは、いや、どこから出てきたのか、とても興味があります。

本当にマイペース!

これはさ、バラとアザミとクローバーに混ぜてもらえなくても仕方なくない??

ところが、そこは寛容なUK気質でなんとかネギも融合させたバージョンが、もうすぐ身近に存在することになります。

じゃ~ん。

新、1ポンドコイン

イギリスの新1ポンドコインです。
見えますか、左から2番目のネギ!
仲間に入れてもらえました~。
素敵な12角形が話題になっていますが、私はネギが仲間入りできたことを非常に喜んでいたりします。

詳しくはこちらをご参照くださいませ~。
イギリス造幣局、The New 12-sided £1 Coinページ

2017年3月から流通開始になるという、1ポンドコイン。
時事ネタとして紹介すべきところをウェールズ愛として書いちゃうあたりが、ダメブロガーですが…
どんまい~


資料引用元(Reference):
ユニオンジャック引用元
By Original flag by Acts of Union 1800SVG recreation by User:Zscout370 [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons
ユニオンジャックの成り立ち引用元
By By en:User:JW1805. Edited and fixed by en:User:IAMTHEEGGMAN [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons
ウェールズの国旗、引用元
By UnknownVector graphics by Tobias Jakobs - Open Clipart Library, Public Domain, Link
クラウンフローラル紋章、引用元
By SodacanThis vector image was created with Inkscape. (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
ウェールズのネギ、引用元
By SodacanThis vector image was created with Inkscape. (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Comment


★ぷうままさん!コメントありがとうございます!★


本当にキャラの宝庫ですね〜。日本のキャラはレベル高いし。

> 敵対したリチャード三世は、最近遺骨が見つかってDNA鑑定されてちゃったから。
工事していたら見つかった?とか、凄い偶然ですね!
しかもいい塩梅に建物の下ではなく、道路の部分に!!
リチャード3世って、シェイクスピア作品のモデルになっている人ですね。
シェイクスピア自体がそれよりちょっと後の人で、リアリティーがありそうですね〜。
ぷうままさんが前に書いてらした、ラップでシェイクスピア!みたいなのりで読んで見たくなりました。
(でも、すぐ断念しそうです。)

> 当時はヘンリー七世に対して反撥とか陰口あっただろうな〜
> そういう環境に育ったから、ヘンリー八世が離婚結婚マニア血統第一主義になったのでは、という説を聞いたことがあります。
おぉ〜。ヘンリー8世は、「tyrant代表」みたいなイメージを持っています。国内・外、共に難しい綱渡りだったでしょうし、彼側に立った話しを読んでみると違った印象を受けるかもしれません。

のろのろ |  No.445


★★


ふっかちゃんかわいー。
ネギキャラいいですね、ネギ系ヒーローもいるのねwww日本はいっぱいキャラいていいわ〜

チューダーの祖、ヘンリー7世がジョン・オブ・ゴーントの子孫というのが嘘っぽいということですね、もしどこがで『不貞』がなかったとしたら。
敵対したリチャード三世は、最近遺骨が見つかってDNA鑑定されてちゃったから。
https://www.channel4.com/news/what-did-king-richard-iii-really-look-like
DNA鑑定以前にも、疑いはあったみたいだけど〜
当時はヘンリー七世に対して反撥とか陰口あっただろうな〜
そういう環境に育ったから、ヘンリー八世が離婚結婚マニア血統第一主義になったのでは、という説を聞いたことがあります。

ぷうまま |  No.444


★ぷうままさん♪コメントありがとうございます!★


うぉ!ゆるきゃら!
想像しただけで、和みます~。
ネギが伸びるとか、アザミが咲くとか、かわいすぎる!

ねば~るくん、最初にみたときは衝撃でした。
日本のジョークは、この域に達したのかと!
ふなっしーにしても、にほんばっしー(←社畜の妖精)にしても、日本は楽しそうですよね~。

深谷ネギの深谷市のゆるキャラ、ふっかちゃんは、正統派でガチにかわいいらしいです。(知人が出くわした。)
ネギの地位向上に貢献していそうです。
https://www.fukkachan.com/profile.html


> チューダーはウェールズ出身なんですよね(プランタジネット家の血統はまったく入っていないらしい、過去には一応いろいろこじつけたみたいだけど。最近DNA研究でバレバレ)

!!!
そうなんですか!
知りませんでした~。
チューダーさんたち個性的で興味津々です。
私のウェールズセンサー、かなり磨かれているかも?です。
血統のこじつけはインターナショナルですね~。
昔は政略結婚が盛んだったことに妙に納得です。
DNA研究凄いです。

のろのろ |  No.443


★★


ウェールズの国花に感銘して、ついついゆるキャラデザインしてしまいました〜
頭がネギで、真ん丸胴にチューダーのバラの紋章(どう見てもバラに見えないんだけど、とツッコまれないことを望むばかり)、右肩からアザミが生えて、左肩にはシャムロック。
驚いたり興奮すると、ネギがのびるとか、アザミが咲くとか、そんな演出できるといいな〜(ねば〜るくんみたいに)。

ところで、チューダーはウェールズ出身なんですよね(プランタジネット家の血統はまったく入っていないらしい、過去には一応いろいろこじつけたみたいだけど。最近DNA研究でバレバレ)。
だからウェールズは反イングランド感情が薄かったり独立意識も弱く、ほのぼのしているのかしら?

ぷうまま |  No.442


★さいもんさん、コメントありがとうございます!★



> 最近英国史の勉強しているので興味がありますが、勉強してるとイングランドの非道ぶりに呆れてウェールズやスコットランド、アイルランドびいきになりますねw

さいもんさん、守備範囲広いですね〜。
50才ぐらいでリタイアする知り合いが、ウェールズにペントハウス付きの家を買って、ペントハウスの方は旅行者に貸し出す計画なのですが、1400年代の豪邸が15万ポンドだそうです。「イギリスじゃこの値段では絶対買えない。オクスフォードでは75万ポンドからだろう。ウェールズは不便だけど、ウェールズ人は自分たちの観光資源に疎すぎる。」って言っていました。

形を変えた新たな侵略でしょうか?
(笑)

のろのろ |  No.441


★Re: 生のネギなんてムリっっ★


> いや、単に飼ってた犬がウェルシュコーギーだったってだけですけど。
おぉ、コーギーって、ペンブロークとかカーディガンなど、ウェールズ西部の都市名がついていてビックリです。羊が多いウェールズの牧羊犬とは、可愛いだけじゃない賢い子なんですね〜。

> チャールズ皇太子はプリンスオブウェールズなんですよね確か。
そうでした!
チャールズ皇太子も、プリンスフィリップ(エディンバラ公、95才)も、日本にいた時の「プリンス」とはイメージが違います。

> なんだかゲームのアイテムみたいですよね。
おぉ!情報感謝です。そういう事か〜。
ニンニクの仲間っぽい感じもしますし、ネギパワー凄いですね。
おもしろいから、本当にゲームのアイテムにして欲しいです。
入手の度にニヤリとなりそうです。

のろのろ |  No.440


★★


最近英国史の勉強しているので興味がありますが、勉強してるとイングランドの非道ぶりに呆れてウェールズやスコットランド、アイルランドびいきになりますねw

エドワード1世の征服で皇太子がプリンスオブウェールズを名乗るようになって、イングランドとウエールズを同化させようとして意図的に影を薄くしていったんですかね。成功してないみたいですけどw

さいもん |  No.439


★生のネギなんてムリっっ★


こんにちは。
私も少なからずウェールズには親近感がありますねぇ。
いや、単に飼ってた犬がウェルシュコーギーだったってだけですけど。
チャールズ皇太子はプリンスオブウェールズなんですよね確か。
ネギの紋章は、つい先日NHKでネギの効能特集みたいな番組で取り上げられてました。
負けそうな戦の時、ネギを食べたらパワーアップして勝つことができたとか。
なんだかゲームのアイテムみたいですよね。
ネギには色々と効能があるんですけど、鼻の粘膜を鍛えるには生でかじるのが良いとかで、ウェールズの人たちが皆生でガリガリかじって見せてくれましたよ。

ケフコタカハシ |  No.438

コメントを投稿する
記事: ウェールズ大好き!(ついでに新1ポンドコインについて)

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback