自分の特性を知ると、生きやすくなる。多分。

自分の特性を知ると、生きやすくなる。多分。

自分の特性を知ると、生きやすくなる。はず。

リラックスした状態で16 Personality Testを数年ぶりに受けたら、“論理学者”型(INTP-A)の性格が酷くなったことを、「INTPだと腹をくくる」にて書いたのですが、このタイプの詳しい解説を読んでいたら(←先に読みなさいよ!)、ちょっと違う気が…

普通でよくない?

INTP型の人はかなり珍しく、全人口のわずか3%を占めていますが、「平凡である」ことが何よりも惨めだと思うINTP型の人達にとって、これは良いことです。持ち前の発明力や創造力、独特の視点や力強い知性を誇りにしています。哲学者や建築家、または空想好きの教師が多く、歴史の中で数々の科学的発見に関与してきました。

この表現、興味深いですよね。「非凡だ」と言っているのではなく、「平凡は惨めだと思っている」タイプだそうです。

非凡でなければならないというのは、難儀な事ですね。私は、「非凡がみじめ」というよりは、仕事上「他と同じであってはならない」、「今までと同じであってはならない」というプレッシャーを感じています。「自社の特色が出せているか?」、「独自性があるか?」、「差別化はできているか?」、「ブランドは引き立っているか?」、「自社の製品を選ぶ理由を与えているか?」等々、そんなことを考えることを習慣にして、10年以上過ごしてきました。

「平凡ではだめだ!」というのは、プレッシャーで、嗜好ではないんですよね。

平凡・平穏・平安、サイコーです。

この点とても苦労しているからこそ、プライベートでも個を出そうとしている人はかっこいい~っと、尊敬します。自分のために難儀で困難な道を選んでいるなんてすごい。それが「性格」だと、むしろ楽しいのかな?

私はお給料をもらっているから、責任感と共に気が重い自分を引きずりながら、向き合っている感じ。

家に帰ったとたん、すべてから解放されて「平凡・平穏・平安サイコー!」って、まったり過ごすのが大好きです。FF15の主人公のご友人プロンプトがIt is so nice not to have to kill anything.ってフィールドを回りながらしょっちゅう言っているのですが、まさにそんな感じ。最近最も共感したのは、人間じゃなくて、ゲームキャラだという。苦笑。

というわけで、この性格診断の結果は、勤め人に性格矯正後の私なんだなっと。リラックスした状態が、超絶社畜性格か~。かなり微妙ですね。ずっと同じ会社に勤めていますから、そこで求められている人材にフィットして行っている感じがしますし、転職も一計かな。

また、仕事を辞めてしまったら、今度は何になるんだろう?

なんだかちょっと気になります。

Comment

コメントを投稿する
記事: 自分の特性を知ると、生きやすくなる。多分。

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback