WaitroseのQuickcheckって、ドキドキする

WaitroseのQuickcheckって、ドキドキする

もはやセルフレジですらない清算形態

WaitroseのQuick Checkとは、商品を選ぶときに自分でハンディースキャナーでバーコードをスキャンして、直接自分のバッグに商品を入れ、最後にセルフチェックレジで精算だけを行うお買い物スタイルです。

セルフレジの場合、選んだ商品を一旦バスケットやカートに入れて、セルフレジでまとめてスキャンするのですが、クイックチェックは店内で直接バッグに入れることができるので、すごく早いです。みんなの清算スピードが速いことで、セルフレジ台はいつもガランとしています。

スーパーの店内で自分の買い物を直接バッグに入れるのは、最初はドキドキするものです。私は、この記事を書こう書こうと思ってだらだら忘れ続けてきたので、最早ドキドキしなくなりました。気の抜けたビールのような記事で、申し訳ないです。

Quick Check

お店に入ったら、スクリーン脇のカードスキャナーにwaitroseの会員カードをスライドして読み込ませます。そうするとスキャナーのどれかがオレンジに光りますので、それを取ってお買い物開始です。

キーホルダー型の小さいカードしか持っていない場合は、メインカウンターにもっていけばスキャナーを開けてもらえます。

買うものが決まったら、スキャナーでバーコードを読み、バッグに入れます。間違えてスキャンしてしまっても簡単にキャンセルできます。

最後にセルフレジのところでQuick Scanを選択し、レジ台に貼ってあるバーコードをスキャンし、本日のフリーコーヒーを追加し、清算して終わりです。

たまにチェックが入るらしいですが、私は確認されたことがありません。

コーヒーカップを持参していない場合は、セルフレジ台の近くにカウンターがあって、カップをもらえると思います。私はタンブラーを持参するので、まったく人と会話せずサクサクお買い物が終了します。

お買い物をしながらコーヒーが飲みたい人は、タンブラーをもっていけば、コーヒーメーカーのところにバーコードがあるのでそこで読み込むことができます。最初は私もお買い物をしながらコーヒーを飲んでいたのですが、スキャナー、バッグ、商品、コーヒーは手に余ることが分かって、最近は最後にもらって帰っています。

詳しくは、Waitrose、「Fast-track your shopping with Quick Check」をご参照ください。

レジで並ぶ必要がほとんどなくなり時短なのと、フリーコーヒー目当てに、すっかりwaitroseに囲い込まれています。笑。

そのうちMobile Appの方も試してみようかなと思わなくもないのですが、スキャナーより早いというわけではなさそうですので、モチベーションが上がりません。詳しくは「Quick Check Mobile App」。←ビデオもあるよ。

イギリスにはQuick Checkができるスーパーが他にもいくつかあるみたいですが、私は帰り道にあるwaitroseでお買い物をしています。

Comment


★Re: セルフレジすら面倒なのに〜!★


こんにちは〜!
そうなんです。売り場でそのまま自分のカバンに突っ込むんです。これははじめ抵抗感が大きいんですね。慣れちゃうと日本でもやってしまいそうで怖いです。

> 私は先日TSUTAYAにできたセルフレジすら克服できなかったというのに!
セルフレジもお店によってちょっと違うので、戸惑いますよね〜。
「お札を上に置く」は、ななめ上を行っている感じでびっくりです。
外国人たちは、駅の発券機に小銭やお札をまとめて入れられるのに驚いていました。
私はカードで買うので外国人たちから聞いてはじめて気づいたという...

> 世の中の変化について行けないわ〜〜。
ホント、めまぐるしく変わっていますよね〜。
何事もサービス開始時期は、サポートスタッフがうろうろしているので、早め早めに試してみることにしています。
ある意味、メンタリティー的にはフォローワーだからこそ、行動は逆転させています。苦笑。

のろのろ |  No.461


★セルフレジすら面倒なのに〜!★


こんにちは。
なんと!売り場でそのまま商品を自分のカバンに突っ込んでいいということなんですか?!しぇぇぇ〜〜!
私は先日TSUTAYAにできたセルフレジすら克服できなかったというのに!
お札を投入する場所がわからなくて、モタモタしてたら入れるんじゃなくて上に置けば良かったらしい。
世の中の変化について行けないわ〜〜。

ケフコタカハシ |  No.460

コメントを投稿する
記事: WaitroseのQuickcheckって、ドキドキする

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback