花茶、菊花茶

花茶、菊花茶

菊と言えば、菊の御紋。私が最もよく見かける花です(パスポートで…)。菊花茶は、正直いって、変な味です。と、言いつつしょっちゅう飲んでいいます。

菊花茶、抽出前、干茶

chrysanthemum-tea-dry

菊の花をごろっと乾燥しているだけです。漢方薬でもあるらしく、眼精疲労にいいとか、よく眠れるとか、熱さましにいいとか、いろいろ言われていますが、私が菊茶を飲む動機は、ノンカフェインで就寝前にちょうどいいからです。中国に住んでいた時は、北京事務所の近くの漢方薬屋さん、「北京同仁堂」でプラスチック缶に入っている見た目がぐしゃっとした大き目で美しくない菊花茶を買っていました。

ウィキペディアに日本語ページがあったので、貼っておきます→「同仁堂 (中国の製薬会社)」。変なものがいろいろ置いてあるので、出張中の暇つぶしにたまに寄っていました。

菊花茶、水色、茶湯

chrysanthemum-tea

出だしは、鮮やかな黄色です。そして味は、なんとも言えない変な味です。そしてなんだか舌に残ります。

出張にお見えになった日本人の方々は、北京ダックを食べに行くと菊花茶を飲みたがるのですが、私は食べ物の味が分からなくなります。そもそも味オンチなのに、ダックまで変な味になるので、空気を読まず自分用に鉄観音を頼むマイペースな駐在員に、出張者あんぐりです。

oxdized-chrysanthemum-tea

お茶を入れている途中に寝落ちした翌朝は、茶湯が鮮やかな緑色になっています。ミネラル分が酸化されるとこんな色になるのでしょうか?

私が飲むお茶は、黄色→緑色と変化するものが多いです。面白いです。

菊花茶、抽出後、葉底

after-extracted-chrysanthemum-tea

寝落ちしている間に、花びらの端に緑色の分子が集まってしまっています。リアルフラワークロマトグラフィーなんちゃって。笑。「水性ペンの色を分けて、きれいな花を咲かせよう!

菊花茶の不思議なところは、何倍出しても同じ味に感じることです。夜飲むのでせいぜい3倍しか出せませんが、味が弱まりません。プーアル茶と合わせて飲むときなんて、5~6杯目でも全然味が変わった気がしません。ある意味最強のパフォーマンスを誇るお茶です。

Comment

コメントを投稿する
記事: 花茶、菊花茶

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback