おうちヨガおススメ道具と揃える順番

おうちヨガおススメ道具と揃える順番

※私はインストラクターではありませんから、気になることがあれば、プロに聞いてくださいね!

ダイエット目的にヨガを再開しようと思ってから暫くたちますが、なかなか実行できておりません。こういう時は形から!笑。

折角なので、これからおうちヨガを始めようとしている人たちにヨガ道具とそろえる順番のおススメを書いてみました。

我が家のヨガ道具は↓の通りです。

yoga-home-study

道具1、ヨガDVD、ムック

私が一番最初に買った方がいいと思うのは、DVD付きのヨガ本です。特にスタジオで先生にみてもらったことがない人がいきなり始めるなら動画付きで、先生が呼吸のタイミングをガイドしてくれるDVD付きの本がおススメ。

ケガも多いし、やり方を間違えると、体を故障させちゃうので、できれば最初は見ながらではなく、一回見ながらイメージに合わせて呼吸だけして、2回目に聞きながら実際に体を動かすぐらいの慎重さでOK。

限られた時間に成果を出すことが習慣化したデキル人には、もどかしいかもしれませんが、まだ痛くないところでストレッチを止めて、息を吸ったり吐いたりすることで生じるごく僅かな伸びを感じることができるようになると、人生観が変わるかも?、なんて。

初心者向けにブロックやストラップを使っている例が写っているDVDが理想的です。

道具2、ヨガマット

なんだかだで、直に床だと痛いからね。でもフカフカさじゃなくて、滑りにくさを優先した方がいいかもしれません。ツルツルしているとやり難いですから。私の先生はマットじゃなくて分厚くて荒い綿布を敷いていました。

そして申し訳ないことに↑の写真にマットは写っていません。マットの上に黄色いヨガタオルを敷いています。これは好みの問題ですから、後の方でご紹介します。

道具3、ヨガブロック

3番目はヨガブロックです。上にも書いた通り、最初は自分ができる事というか自分の体について知ったほうがいいのですが、体が硬くて、手で支えたいけど届かない…ってことがよくあります。そういう時に無理して手を伸ばそうとするとどこかに無理がでて故障やけがの原因になります。ブロックは使い方によって高さを3段階調整できますので、使い倒してくださいませ。

道具4、ヨガストラップ

これもヨガブロックと同じ理由です。手が届かないときなどにムリをしないことが本当に大事。

道具5、姿見

私は引っ越しが多いので、このサイズです。DVD同様、動いているときには見ない方がいいですけれど、ポイント毎に自分の姿をチェックできると上達が早まります。ムリして伸ばして出来た気分になっているけど実は曲がっているなんて状況もありますから、まだまだ遠いけれど形は正しい方向っていう方が、効果が高いでしょう。

道具6、ボルスター

ヨガDVDをたくさん持っていますが、ボルスターはあまり登場しないので、無くても左程困りません。私はヨガ先生にみてもらっていたので、レッスンで使ったときは家で復習するのにあった方が良かったので買いました。

道具7、ヨガタオル

ようやく登場、ヨガタオル。ヨガマットの上に敷いている黄色い布切れです。汗でマットが滑りやすくなってしまったりする影響が少なくなります。後は、単に洗濯機にて洗えるので清潔さを保てます。

道具8、ブランケット

ブランケットは、ヨガブロックでは大きすぎる高さの調節の際に使ったりできます。私は座禅を組むときにお尻の後ろに少しだけかませると背中がまっすぐなりやすいので、腹筋と背筋が落ちている時に使います。最後のシャバサナ(終わりのリラクゼーション)の際にもお腹にかけておきます。

道具9、アイピロー

これも最後のシャバサナ(終わりのリラクゼーション)の際に目の上にのっけています。匂い袋になっていて、適度な重さといい香りで脱力効果満点です。無くても全くこまりません。

道具10、エッセンシャルオイル(精油)

巨大なスタジオならお香でもいいかもしれませんが、煙いので、私はオイル派。(汗臭いから??)ヨガスタジオでも炊いていましたが、直接五感の一つに訴えているだけあって、効果が深まっていいですよ。

これはおまけみたいなものです。精油の世界も面白いので、どんどん世界を広げていくことができるね、ぐらいに考えていいと思います。

準備万端

さて、環境は整っていることだし、ボチボチ体を動かしますかね~。

次回があれば、おススメDVDを紹介しますね~~。

Comment

コメントを投稿する
記事: おうちヨガおススメ道具と揃える順番

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback