株式は現金同等物ではないけれども…

株式は現金同等物ではないけれども…

最近ほんとに時間がたつのが速いです。(体感的な)ちょっと前にリタイアブログをのぞいて、「お金がない人のリタイア戦術」的な記事を見かけたんですよね。気になったことがあって、後で読もうと思っていたのですが、記事が見つかりませんでした…

セミリタイア村の記事の循環が速いのか、時間がたちすぎちゃっているのかよくわかりませんが、記事ランキングが800位まで閲覧できることが分かったことが意外な収穫となりました。笑。

フルポジの資本家は、お金がない人に含まれる?

気になったことというのは、お金がなくてもリタイアできるの中に、不動産や配当金の収入がある人が含まれていたことなんです。え?、ええ??っとなりました。

ちょっと前に、他のブログでもそんな記述を見かけて、ん?、っとなった気がするんですよね~。同じ人だったのか、別の人だったのか気になる…

リタイア資金って、現金と現金同等物のみを指しているってことでしょうか?。記事の主旨は、不動産や配当金の収入がある人は、お金がなくてもリタイアしても大丈夫!って事だったので言葉としては間違っていないのでしょうけれど、何やらとても違和感が…

不動産は換金性が悪いので、現金同等物ではないです。株券は価値の保全が保証されないのでこれも現金同等物ではありません。詳しい説明は、4強のデロイト様に丸投げしちゃいます。

デロイトトーマツ、ナレッジ、「現金同等物」より引用

「現金同等物」とは、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資をいう。
現金同等物は、この容易な換金可能性と僅少な価値変動リスクの要件をいずれも満たす必要があり、市場性のある株式等は換金が容易であっても、価値変動リスクが僅少とはいえず、現金同等物には含まれない。
作成基準注解(注2)では、現金同等物の例として、取得日から満期日又は償還日までの期間が3か月以内の短期投資である定期預金、譲渡性預金、コマーシャル・ペーパー、売戻し条件付現先及び公社債投資信託を挙げている。

【参照基準等】
 連結キャッシュ・フロー計算書等の作成基準 第二 一 2, 注解2
【用語解説作成日】 
 2013年12月31日

憧れのフルポジ

日本に帰ったら、一度はフルポジを取ってみたいな~。っとか、思ったのですが…

よく考えたら、上海に赴任したばかりの頃は、ほとんど日本円の現金がない状態で、人民元を貯めていたので、ある意味フルポジ状態経験済みじゃない??っと、思い直したのでした。

私も「なんか違う感」は↑と、さほど変わらないのかもねっと、苦笑したのでした。

うまく説明できたかな??

Comment

コメントを投稿する
記事: 株式は現金同等物ではないけれども…

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback