納得がいかないオクスフォードシティーカウンシルの住民税!

納得がいかないオクスフォードシティーカウンシルの住民税!

オクスフォード、大好きです。とても小さく、のどかな田舎町です。そんな街にもいくつか不満があって、その最たるものが、住民税の高さでございます。

家の価値で決まる、イギリスの住民税

イギリスの住民税は、家の価値で決まるようです。お国が枠を決めています。→Council Tax bands in England

これは、納得!

日本は家の価値ではなく、年収で住民税が違っていたはずです。アーリーリタイアメントを目指して、ぼろ屋に住むと下手すれば住民税の方が家賃より高いなんて状況もあり得ます。その代り、収入がなくなれば、住民税を払わなくてよくなるといういい面もなくはありませんけれどね。

それから、日本で不思議なのは、住む都市によって住民税の格差があまりないこと。お金持ちの都市でも、豊かとはいえない都市でも、支払うレベルが大体同じで、貧しい都市は国税などから補てんされている模様です。

そして更に謎なのは、ふるさと納税。自分が住んでいない地方自治体に寄付すると、住民税が減額される摩訶不思議な仕組みです。そんな融通が利きまくるふわふわした税金、徹底的に払いたくなくなります。いらないなら基準額から減額してほしい。涙。地方創生にはいいのかもしれませんが、なんだか甘いよね…(とはいえ、是非利用してみたかったりもします。)

イギリスの住民税は、都市によって全然ちがう

オクスフォード市の住民税は、昔住んでいたロンドンの住民税より高いです。お国が枠組みを決めるけれど、実際の金額は地方自治体しだいなのです。ロンドンはなぜか大家さんが住民税を払ってくれる仕組みで、よく知らなかったのですが、オクスフォードは自分で払います。だから尚のこと衝撃が大きいです。

ウェストミンスター(ロンドン)の住民税
westminster-council-tax-2017.png

オクスフォード市の住民税2017-2018
oxford-council-tax-2017.png

その差2倍以上!?

なんだこれ!!

毎年3月になると、お金持ちの都市が羨ましくて仕方がありません。笑。

独身値引きもあるよ!

独身値引きというか、独居値引きです→Council Tax Single Person Discount。これがなんと25%。それでもダブルインカムやフラットシェアなら2人以上で済んだ方がお得ですね。普通に頭割できますから。

以上、大好きなオクスフォードに対する、小さな(←)不満でした。

Comment

コメントを投稿する
記事: 納得がいかないオクスフォードシティーカウンシルの住民税!

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback