果実茶、ナツメ茶(紅棗茶)

果実茶、ナツメ茶(紅棗茶)

棗(ナツメ)大好き!!!!なんです。まだ青いうちは、シャクシャクとした触感と、さっぱり甘い小粒な青りんご風の実をむしゃむしゃかじります。青くても、赤茶色になっても、非常においしい果物です。

これを干したものは、いろいろな料理、特にスープや鍋に入れて薬膳風の風味を出したりしていますね。火鍋には必ず入っているので、「中国の冬の味」のイメージです。

ナツメ茶、抽出前、干茶

jujube-tea-cut-dry

ナツメは真ん中に種があります。私の場合、お茶用途の場合以外はスライスしたものを買いません。種付きナツメをまるっと使用します。または種だけ抜いた状態で購入します。

干したナツメは、激アマでおいしいのですが、お湯に抽出すると、甘さはほとんどなく、ナツメの風味は出ても、後味にほんのりと甘さが感じられる程度に抑えられます。実際にはナツメだけを淹れることは少なく、クコの実、竜眼(桂圓)、ハスの実(莲子)、白きくらげ(銀耳)、砂糖などと一緒に煮詰めてデザートにします。ぶよぶよのクコの実、ふわふわのナツメ、コリコリの竜眼(もしくはハスの実)、弾力のあるきくらげ、触感も味も楽しいエステなどで出される美容デザートです。我が家のお手伝いさん、鉄板デザート5種のひとつでした。

ナツメ茶、水色、茶湯

jujube-tea

この湯呑はとても小さいのでうっすらしていますが、実際の色は、シャンパンゴールドぐらいのうすい飴色です。これは抽出時間によっても変わると思いますが、デザートでいただくときも、うっすら飴色ぐらいが多い気がします。

味は、干しナツメ味です。青りんごの様だった果実の時は、うっすらとしか感じなかったナツメ味が凝縮されています。他にはない味なので、形容が難しく、これをナツメ味と覚えていただくのがよさそうな味です。(わたくし、味オンチ)

ナツメ茶、抽出後、葉底

jujube-tea-fruit

水を吸った果実部分です。食べます。これがメインです。だから、果実茶として紹介するか悩んだのですが、まぁ、お茶のコーナーなので、普段通りの構成にしました。

全開の中国出張の際、これだけは外せないマストアイテムとしてスーパーへ直行。干しナツメ、白きくらげ、クコの実を購入しましたが、ハスの実と竜眼を買い忘れてデザートにするには、ちょっと寂しいのでした。代わりにピスタチオを入れて作ってみようかな…

Comment

コメントを投稿する
記事: 果実茶、ナツメ茶(紅棗茶)

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback