焦点距離(Focus Length)について

焦点距離(Focus Length)について

師匠お手製の資料2/6

カメラの師匠の夜なべ資料の第2弾は、「焦点距離(Focus Length)についてより詳しく!」です。

focal-length

焦点距離と被写体&背景と奥行き

最上段は、被写体のサイズを同程度にした場合に、それぞれの焦点距離において入ってくる背景の範囲が大きく違ってわかりやすいです!

左の焦点距離が短い24mmの場合(広角側)では、背景が沢山入っています。右側の焦点距離が長い480mmの場合(望遠側)では、背景があんまり入っていません。

焦点が短い方が背景も広く、奥行きが感じられますね。おもしろ~い。

しっかし、480mmって、師匠はどんだけ遠くからこの写真を撮ったんだろう。広大な家にお住まいか?、っと思ったら、答えが中段に写っておりました。

焦点距離と被写体&ワーキングディスタンスと奥行き

中段は、被写体とワーキングディスタンスを固定して、焦点距離(レンズ)を変えてみたものですね。

左の焦点距離が短い24mmの場合(広角側)では、被写体が豆粒みたいです。というか、この場合の被写体はテーブルか、ダイニングと言ったところでしょうか?、焦点距離が短い広角レンズは遠景を撮るか、背景もある程度写したいときに近寄るかでしょうか?

右側の焦点距離が長い480mmの場合(望遠側)では、謎の物体がいい感じに被写体として写っていますね。ブログ用の写真で背景をあまり写したくないときに良さそう。

え?アート??、それは、ハードル高そうです。あはは。

遠近感と写したいもの

下段も同じような対比ですが、焦点距離が短い24mm(広角側)を奥行きを感じる例として、焦点距離が長い480mm(望遠側)と対比させています。

遠近感を出したい!とか、対称性を保ちたい!とか、何らかの意図をもって、画角を決めることが大事そうですね。

ところで、このコルク入れ、何の動物だろう??っと頑張って考えたのですが、もしかすると、お住まいの国の地形かも??

凄くわかりやすい対比表を作ってもらったのに、最初の質問が、「上の6枚(上・中段)のカニっぽいデザインの謎の被写体、これ何ですか??」だったら、がっかりされそうです。ダメ弟子で申し訳ない。

Comment

コメントを投稿する
記事: 焦点距離(Focus Length)について

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback