駐在は繰り返す

駐在は繰り返す

海外駐在員を2度以上経験する人って、割と多い印象です。駐在員の1/3ぐらい?の感触ですが、私がスライド組なので、そういう人たちと話をする機会が多いだけかもしれません。

あと、私が、「もう若くはない人」だから知り合う人がベテラン組というのもあると思います。苦笑。

師匠たちはアメリカへ

カメラの師匠も、株の師匠も、アメリカ駐在中です。弟家族もいるし、アメリカホリデーとかいいかも?なんて頭をよぎったのですが、休みがもったいなくて却下です。

よく考えてみると、以前お世話になった上司達も、現在の上司、そしてそのまた上司も、皆さん2か国経験者ですし。

(3年目以降、日本人の友達を作るのが億劫になって、)上海時代の他社の駐在員の知り合いの人たちは、私より先に上海入りをした方が多く、先に帰国されました。そして、最近2周目に入られる方々からチラホラメールをいただきます。律儀で素晴らしいですよね~。

で、何故か、誰もイギリスには派遣されません。ぬぅ。

中国→中国の人が多い感じがしますが、英語圏の人と違って、言葉の問題もあるからでしょうね。

ドイツ語圏も同じなのかしら?

3か国経験者もチラホラ

中国、インド、イギリスの人はまだ出会ったことがありませんが、中国、インド、欧州の経験者はいらっしゃいました。その方は北京、デリー、フランクフルト(順不同)だったかな?、現在も某国で駐在中で、4回目の駐在中だと思います。

あと、中→印→中とか、印→中→印のツワモノもいらっしゃいました。サンプルが少なすぎるかもしれませんが、中国とインドの両方を経験されている方は、先に住んだ国の方を好む傾向にある気がします。

私は中→印だったからか、中国の方が好きです。印→中の方が、インドの方が好きだと聞いた時には耳を疑いました。

「捻挫は繰り返す」という内容の記事を読んで、「なんだか駐在員みたいだな」、っと思っちゃったのが妙に笑えて、他の駐在員の皆さんには失礼かもしれないですが、記事にしてみました。

Comment

コメントを投稿する
記事: 駐在は繰り返す

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback