イギリスといえば、とりあえずBath

イギリスといえば、とりあえずBath

鉄板観光地はBath

イギリス人たち的に、「観光」と言えば、とりあえず「Bath」っぽいです。この2年間Bathへは行った?っと何度聞かれたことか…

ええ。何度か…(出張で)

私が観光でBathへ行ったのは、15年以上前。記憶があいまいでございますが、ワンセット回っています。赴任してからは出張だけで、最も有名な件の「風呂」は、開館時間にウロウロできたことはなく、写真はありません。

Bath Spa Station
Bath Spa駅。運が良ければ、ミュージカル調で乗り換え案内をしてくれるご機嫌な駅員さんに出会えます。駅から20分以内でサクッと回れる観光地は、下記の通り。

Bath Abbey
バス寺院。「The風呂」の隣です。長電話のおばちゃん付き。横から見た方がかっこいい。ファンタジーゲームに出てきそうな細工がおしゃれな寺院です。
Pulteney Bridge
パルトニー橋(下流側)。満腹時に川の反対側の散歩道をぐるりとして駅に戻るといい感じの距離です。

Pulteney Bridge back
パルトニー橋(上流側)。ゴージャスなオモテとジブリフィルムに出てきそうなウラが対照的ですよね。

古代ローマ都市で、建造物や街の作りが、なかなか雰囲気がある都市です。サマセット州ですが、グロスター近辺っぽく、黄色い(ライムストーン)が基調になっているので、全体的に柔らかい雰囲気。

オクスフォードに帰りやすいDidcotに停車するPaddington行きの特急列車が止まります。駅周辺にショッピングエリアとフランチャイズレストラン街があるので、別の都市に出かけた帰りに立ち寄って夕食を取って帰ることがあります。

本当は途中下車して駅を出ていいのかよくわかりませんが、改札にいる駅員さんに切符を見せて、「ちょっとそこでご飯食べてからオクスフォードに戻りたいんだけど…」っというと、「OK~」とか言って通してくれます。どこの駅も同じ感じです。私がよく降りるのはBirminghamです。次回、Readingで試してみたい。え?、ありえない??、日本の恥???

厚かましくてごめんなさい。あはは。

Comment

コメントを投稿する
記事: イギリスといえば、とりあえずBath

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback