映画、「美女と野獣」感想+ネタバレ追記

映画、「美女と野獣」感想+ネタバレ追記

基本情報

邦題
美女と野獣
原題
Beauty and the Beast
タイプ
ディズニー
公開年
2017年3月17日
監督
ビル・コンドン
脚本
スティーヴン・チョボスキー
原作者
ガブリエル=スザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ
出演者
エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス
公式サイトURL
http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html
おすすめ度
4 (1~5点)

ん。そつがなさすぎる…、ということで、4点かな。

予告編

↑、イギリスからは動作確認ができませんが、日本の人たちは見られるかな??

ストーリー

傲慢だったため、魔女に呪いをかけられて、野獣の姿に変えられ、皆から存在を忘れされれてしまった王子は、バラの花びらが落ちてしまう前に、愛し愛されることを学ばなければ、永遠に野獣の姿のままになってしまうが、なすすべなく暮らしている。

読書家で知性溢れているため村人から変わり者扱いされる村娘のベルは、イケメンで女性陣に人気のガストンを袖にする。ある時、魔獣に変えられた王子の城に捕らえられた父親の身代わりにその城で暮らし始める。

時計やポットに変えられた王子の召使いたちは、このベルこそが呪いを解く女性ではないかと期待を寄せるが…

感想

鉄板ディズニーストーリーです。
「美女と野獣」は、私が初めて友達と見に行った映画で、思い入れがあります。あれからもう、うん十年たっているのね~っと感慨深いものがあります。

実写版は、配役が素晴らしくて、本当に非の打ちどころがありません!
主役のエマ・ワトソンが、ベルにハマるだろうということは、想像に難くないので、無難すぎて逆に見に行く気にならなかったりしましたが…
私は映画の観すぎなのか、イアン・マッケラン、ユアン・マクレガー、エマ・トンプソンを声だけで認知でき、脇役にしびれました。

私はガストン役のルーク・エバンスが好きなので、ひどい言い方でガストンを拒否るベルってひどい…だけどエマ・ワトソン(ハーマイオニー)も大好き、っとストーリーとは別のところで複雑な心境です。

というわけで、ルーク・エバンスが、ガストンっぷりを好演しているのが一つの見ものです。そして、ガストンのコバンザメ、ル・フウ役のジョシュ・ギャッドも、いい味出していてはまり役です。

ネタバレするようなストーリーじゃないので、短く、一言。

王子、人間に戻る前の野獣の姿の方が愛嬌があってよかったような気がする。

Comment

コメントを投稿する
記事: 映画、「美女と野獣」感想+ネタバレ追記

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback