💎明文化されていない「しきたり」が多い職場に困惑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

💎明文化されていない「しきたり」が多い職場に困惑

当拠点は伝統ある職場でございますから、のろのろさんにも従って頂かないとなりませんわ。っと言うような感じで、新しい職場の先輩にいじめられております。

駐在員で、管理業務を引き継いだのですが、部下の質問のレベルがオペレーション・作業方法だったりして驚いています。

私って、新入社員に作業手法を教える先輩社員扱い??

方向性を示したり、どっちに進むか意思決定したりなどという、今まで教育されてきたリーダー業務とかけ離れていて、苦戦しています。

伝統ある拠点(?)の管理手法

  1. ミッション・目標が明確でない
  2. 開発と改善の区別がついていない
  3. 通過儀礼が多く、スピードが遅い
  4. 失敗を禁忌しすぎ、認めたがらない
  5. 誰も責任を取りたがらない
  6. 文書化されているワークフローが少ない
  7. マニュアルも古いまま
  8. 属人的(知る人ぞ知る運用)
  9. キーパーソンが偉そうにして、ボトルネック化している

以前の拠点と比べて、窮屈な部分は↑のとおりです。

フローもマニュアルも文書化されていないので、進め方がわからなくて問い合わせたら解決法には回答を貰えず、のろのろさんは、素直に従うという概念から学習なさる必要があるようねって、上司に苦情が来たらしいです。

結局、上司が指示を出してくれて案件は解決したのですが、態度が気に入らないと案件を進めないなんて、想像ができていませんでした。単にマニュアルくださいって言っただけなんですけどね…

収穫は、マニュアルが存在しない背景が分かった事です。要は、恭しく教えを請い、口伝を賜るという「しきたり」みたいです。

驚き。

困ったな…

同じ会社でも拠点が違うと、こんなに文化が違うんですね。

いいのか?
これで。

Comment

コメントを投稿する
記事: 💎明文化されていない「しきたり」が多い職場に困惑

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。