日本のペンは、洗練されすぎている

日本のペンは、洗練されすぎている

同僚のお土産に4色ペンやフリクションペンを買って帰ると喜ばれます。(でも、抹茶キットカットが最強)

けれど、私は、日本のペンって、洗練されすぎて書きにくく感じます。

海外のペンはインクがドバドバでる

ドバドバでると言っても、インクだまりができるほどではありません。どちらかというとゆるゆるとたおやかに出る感じです。

ゆるゆる書けます。紙にインクが乗っている感触を持てます。

日本のペンは、just enoughのラインを極めているというか、するする書けるのですが、インクが乗っている感触がありません。

確かに、力を入れなくてもするする書けますし、途中で書けなくなることがほとんどありませんし、長持ちします。

しかし、私は、中・印・英のはっきりくっきりゆるゆる感たっぷりの洗練されていないペンが好きです。

わざわざ英国のボールペンを買った

久しぶりに紙の日記を書き始めたら、材質が和紙風でごわごわしていることもあって、日本のペンだときっちりかけるものの、ゆるゆる感が足りません。

おそらく、日本人は、0.4、0.5、0.7などというように、意識的に好みの太さのものを買うのでしょう。

私は、貰い物で済ませるので、唯一好みだったのは、JALからもらったペンです。これって、インターナショナル仕様なのかな?っと邪推しています。

イギリスでもらった販促品のペンを持ち合わせていなかったので、わざわざ買いに行きました。一種類しかなかったので、売っていたものを買っただけですが、大満足のゆるゆる感です。

本人的には新ペンに満足しているのですが、日本の繊細かつ洗練されたペンが合わないというのを、ほんのり寂しく思いました。

Comment

コメントを投稿する
記事: 日本のペンは、洗練されすぎている

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback