徒然草に学んだライフレッスン

徒然草に学んだライフレッスン

吉田兼好や鴨長明などの隠遁者を早期リタイアと重ねた(?)記事を見かけて、ふと思い出したことがありました。

国語の教科書はヒマつぶし

学生時代、授業が退屈で仕方がない時、時計の秒針を見ながら、息を止めていられる時間を計測したり、国語の教科書を読んだりしていました。

中学校の頃だったと思いますが、徒然草の「神無月の頃」を先読み。とても風情がある情景に感心していたら、たわわに実ったミカンの木の周りに柵がしてあって、興ざめでがっかりだなんて書いているのを読んで、「そんな事をわざわざ書いている貴方の方が興ざめだ!」なんて突っ込みを入れていたら、先生のお気に入りだったらしく、授業でじっくり読み解いた後、ダメ出しばかりの他の段の追加資料がつけられ、読書感想文のお題に指定されたことがありました。「小説」ではなく、「古文」がお題になるなんて、よっぽどのことです。(←なんとなく)

最も興ざめなのは誰か?

うげ~っと、思った私は、反骨心から「最も興ざめなのは誰か?」っという題で、感想文を書きました。

まず、筆者の吉田兼好。同じ教科書に漢詩が載っていて、(うろ覚えですが)春眠、暁を覚えずだったと思います。風雅さが段違いに負けている。

次に、ダメだし本をありがたがって、千年近く読み継いできた、過去の人たち。

教科書の編者(選者?)。同じ徒然草の他の段には、過去の偉人たちに読み継がれている理由となっている、もっと素敵な文章があるのでは?

更に、先生。苦労して読んだ割に面白くもなんともないものを読書感想文のお題に選ばなくてもいいじゃない?

そして、最も興ざめなのは、やはり私。「そうだそうだ~!柵なんてつけちゃう器のちっちゃい家主はダメだ~」的な感想を、素直に書けばいいじゃない?という内容でした。

んで、この感想文、一部の先生にウケて、危うく文集に乗せられるところだったそうです。但し、ご両親の心情に配慮して、載せないことになったと、卒業するころに教えてもらいました。

ぎょえぇぇ~~。

ライフレッスン

ご両親の心情に配慮してってことは、私の感想文を読んだ人が、「親の顔が見てみたい!」っと思っちゃうような、ダメな内容だったわけですよね…

そうじゃなくても、この内容が同級生の目に触れたら、大分凹んで、学校に行きたくなくなっていたと思います。シャイだったのですよ。ワタクシ。

思慮深い先生の英断で(?)、表に出なかったからよかったものの、自分で抱えきれる範囲を超えた、身に余る行動だったわけです。今振り返っても恐ろしい…

この出来事から、感情に任せて、他人にケチをつける事の危険性を学び、人生の教訓となったような気がしています。いまだに覚えていますからね。

敷居が高い兼好さんと等身大の長明さん

上記の経緯から少々トラウマ気味の徒然草です。こだわりが強い方の様なので、兼好さんのお宅にお伺いするのは、緊張しそうです。あれこれ思案して持参した精一杯の茶菓子でもダメだしされそう。

対照的に、長明さんのお宅は手ぶらで顔だけ見るのにフラっと寄ってもOKそうなイメージです。

冒頭文の美しさは凄いものがありますが、内容は大火事、大地震、飢饉、疫病などを思い出しては、「怖かった~、世の中儚いね~」などと回想してみたり、50歳差の小さい友人との交流のことや、お経周りのモノグサネタなどを「声に出して読むのが面倒なときってあるよね~」的な感じでまったりと書いていたように思います。

正座して向き合って座るイメージしか湧かない兼好さんと、縁側で横に座ってのんびりお茶が飲めそうな長明さん。何故か印象が対極的です。早期リタイアしたら、読み直してみたいものです。

Comment


★Re: タイトルなし★


こんにちは~。お返事が遅くなってしまい大変申し訳ありませんm(__)m
おぉ~。
とらさんはまさに横に座ってお茶飲んでいるイメージのブロガーさん(失礼??)なのでなんだか妙に納得です。
長明さんは等身大な雰囲気で、さらりとあの美しい文章を繰り出すので、本当に凄いと思いつつも、なんだか親しみを感じます。

のろのろ |  No.477


★★


こんにちは
私も長明さんが好きです。
こだわりの兼好さんと
こだわりや執着を捨てて無常を説く長明さん
といった違いがあるのかなと思ってます。
長明さんの冒頭の文章は美しいですし、最後の句も味わい深いですね。

小黒とら |  No.475

コメントを投稿する
記事: 徒然草に学んだライフレッスン

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback