身につまされる海外あるある…「顔の表情で無駄にリアクションをとる」

身につまされる海外あるある…「顔の表情で無駄にリアクションをとる」

当ブログでは、noindexのメタタグを挿したので、自ブログが検索結果に出てこない事を確認していたら、物悲しいものを発見しました。

身につまされる海外あるある

当ブログで、たまに検索流入があったキーワードの「海外あるある」の検索結果を確認に行ったところ、短期留学女子あるあるのトップは、顔の表情で無駄にリアクションをとるというものでした。

これ、日本在住日本人にイラっとされちゃっているのかもしれませんが、身につまされて涙でそうです。

顔でリアクションをとるのが習性になっているとすれば、その人はよっぽど英語が話せないんです!!

これは、飽くまで、私の勝手な想像ですが、英語が話せない留学生は、何とか意思疎通を図らないといけないのです。そして、顔芸に走るのですよ。

多分ね。

英語が英国人よりも流暢だったら、顔は能面でもいいですからね。

英語が英国人レベルに流暢な人は、英国人程度には顔芸を訓練する必要があるでしょうね。

「リアクションがいちいち英語」も多分同じ理由

中でも「ワォウ!!」「アーハー?」などをよくつかうらしいですが、これも文を作れない分、せめて単語というか、感嘆詞ぐらいは伝わるものを!!って感じなのではないかと…。あぁ~。見覚えありすぎて、気の毒で涙でそう。

私はいまだに「Wow!」と「Really!?」を多用します。代わりに「I am highly intrigued」や「That is utterly absurd」などとパッと言えるようになりたい。

そうしたら、日本に帰っても、感嘆詞的なものが口からポロっと出ちゃったりすることは無いでしょうしね。

でも、and、or、butのような接続語は短すぎて(便利すぎて)なかなか取れないんですよね…

すぐに「Fu◯k」や「Shit」等の汚い言葉を使う人は…

お友達になろうとしている人の育ちが良くないんですよ。おそらく。

海外に出て、言葉が話せないとお友達を作るのも大変なので、ミラーリングというか、類似性の法則というか、そういうものを駆使して、相手と似たような表現を多用することによって、親近感を稼がないとなりませんからね!!

お友達になろうとしている人の育ちが良すぎると、大量の副詞とそのコロケーションを覚えて、文中にちりばめないといけないので、こちらの方が遥かに難しいですね。

ちなみに周囲のイギリス人達がいうところの、子供の頃に初めて両親からOKが出た罵り言葉は、「bloody」らしいです。この言葉だと、割とマイルドに親近感を稼げるかもしれませんよ。形容詞で使いにくければ、「rubbish」あたりはどうでしょう?

え?、そういう問題じゃない??

英語が関係がない恥ずかしい失敗なら…

加えて「常に愛想笑い」とかっていうのは、ないのかな?

あと、「ドアを開けてくれるのを待っている」とか。日本でやっちゃうと、結構恥ずかしいですよね。

それから、「日本のスタバの店員さんの半英語につられて、Thanksと言っちゃう」とか、同僚にみられて、会社に行きたくなくなりましたっけ。

どうか見て見ぬふりをしてあげてください

理由を知らないとイラっとしちゃう習性も、その背景に身につまされる悲しい経験が…、あるかもしれません。

変な留学経験者に出くわしたら、どうか、鼻白みつつも、生暖かく見過ごしてあげてくださいませ。

Comment

コメントを投稿する
記事: 身につまされる海外あるある…「顔の表情で無駄にリアクションをとる」

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback