自由に慣れると、ちょっとした縛りでも窮屈

自由に慣れると、ちょっとした縛りでも窮屈

ボツネタの仕上げが250記事ぐらい進んだ頃、家計管理・貯蓄、節約系の記事があまりない事に気づいて、100記事仕上げるまで他の記事に着手しないことにしたら、とても窮屈です。

トピック縛り

それまで仕上げやすいモノばかり気の向くままに仕上げていたので、雑記そのものでした。

旅行の記事を書いてみたり、
映画のレビューを書いてみたり、
投資について書いてみたり、
早期リタイアについて書いてみたり、
自由気まま。

取り散らかりブリが私の頭の中を見事に反映しています。苦笑。

どうせ検索流入しかなく、他の記事を読んで帰る人はあまりいないので、一貫性がなくても困る人はいなさそう。

それが、貯金・節約縛りになって、窮屈になりました。

そして他の事を思いつくたびにボツネタが増えていきます。

記事数縛り

「ウラとボツ」には作文練習目的なのですが、目標1万記事を掲げています。

バカバカしすぎて制約がない目標です。100記事ごとにマイルストーン踏破記念記事を書くことを密かに楽しみにしているぐらい。

ところが、今回のトピックの仕上げ目標である100記事は、現実的すぎて妙な強制力があります。

数字の根拠はなく、キリがいいし、これだけ書いたら少しは頭の中もボツネタボックスもスッキリするでしょう?っというシンプルな理由です。

ところが誤算がありました。
それまで仕上げてきたボツネタは、読み直して、ちょっと推敲して、公開するだけの記事も多かったのですが、このトピックは考え自体がブレブレで、以前完成に近かった記事が今では180度違う意見になっていたりします。

これは時間がかかります。

そういうわけで、100記事というのは、かなりつらい目標だったことが後から分かりました。号泣。

「10月」などというように、期間縛りにすればよかった。

更新スパン縛り

100記事書き上げるまで、またブログ村のお世話になることにしました。

詰まらない作業を僅かでも楽しくするためです。

1記事仕上げて、ブログ村の更新記事を読みに行き、インスパイアされて、関連するボツネタを探して仕上げる。というサイクルです。

書くときはそんなサイクルでいいのですが、公開の頻度は制御する必要があります。

大体週末に10記事ほどダラダラ仕上げて、毎日7:55と17:55に予約投稿をセットしています。

月~金で余裕がある日は、記事を仕上げて12:55に追加予約します。

(この変なプロジェクト、早く終わらせたいので、全速力で仕上げています。笑。)

それまでは出来次第公開していたので、どんな頻度で記事が仕上がっていたのかよくわかっていない感じだったので、妙にかしこまった感じ。

別に仕上がり次第公開しても良いのでしょうけれど、なんとなく、「郷に入れば、郷に従え」的に、他の人がやっているのに倣うの方が安心感があります。

「のろのろさん、ほんっと気分のムラが出てますよね。」より、「のろのろさん、計画的ですよね。」と思われたい。

文字数縛り

あ、これ、全然守れていないのですが、私の目標は1記事1,000文字以下なんです。

欲張らずに、1記事1トピック1,000文字以内を目指しています。

700文字ぐらい、1-2分でサクッと読めるぐらいのボリュームにしようと心がけてはいるんですけれどね…

それまでのボツネタは本人が好きなだけ書いていたので、300~6,000文字でバラついています。
ブログ村に更新するとなると、粒の大きさを揃えた方が良かろうと…

ボツネタボックスから拾うと、ボツネタに更に説明を加えるので冗長になってしまいます。

最近は、このブログ過去記事を分解して一部分だけ書くことで短くならないか試しているところです。

自由に慣れると、ちょっとしたことも窮屈

芸能人さん達は見られることでキレイに垢ぬけていくとかいうじゃないですか??

ボツネタも、ブログ村に更新することである程度の体裁を整えようとする力が働きます。

しかし、少々窮屈です。

あと60記事、我慢できるかしら…

Comment

コメントを投稿する
記事: 自由に慣れると、ちょっとした縛りでも窮屈

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。