新興国の駐在員住居は、無駄に広い (〜200平米とか?)

新興国の駐在員住居は、無駄に広い (〜200平米とか?)

お風呂(湯船)を諦めたかどうかで、部屋の大きさが結構違うと思います。中•印シャワー文化圏は、家に湯船が付いていない方が多い気がします。

特に安い、狭い側で顕著です。湯船が付いているのはファミリー用などの3LDK (150-200平米) からが多くなってくるので、こじんまりとはいかなくなります。

上海のお金持ち企業の駐在員各位は、初めから日系のエージェントにお願いするので知らないかも。私は、会社が手配したローカル不動産のローカルおばちゃんに連れまわされたので、中国語が話せない中、湯船を理解してもらうのに非常に苦労しました。

Please, repeat after me↓

浴缸(Yùgāng)


理解してもらった後も、「小さな家にはそんな物ないから、木製の大きな水桶を買ってシャワールームか台所におけばいい」とか意味のわからないことを言っていた様です。

恐るべし、文化の壁。


実は今回「先輩2」の戦術を真似て、必要な物だけ引っ張り出し、残りを離任時に全部捨てようと思っていました。一人で住むのに3LDKもあれば、一部屋倉庫でしょ?


ところが、先進国の部屋は高くて狭い。新興国ボケ。
特にイギリスは(都市依存?)は、他の欧州メンバーと比べても同等の値段で半分の広さですね。(今、GBP強いし。)

私の場合、広さが1/3になりました。ダンボールが入ってきちゃって、洗濯物を干す場所がなくなってしまいました。

さらに、ダンボール等の廃棄代が重い...
(この件は、また今度〜)

それでは、皆様、良い1日をお過ごしくださいませ。

Comment

コメントを投稿する
記事: 新興国の駐在員住居は、無駄に広い (〜200平米とか?)

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback