大調整ですか〜。それは、うらやましいことで。

大調整ですか〜。それは、うらやましいことで。

英米の政策金利引き上げ観測が強まって起きた大調整かな?というのが、傍目の率直な感想です。「アメリカはようやく9月ですか〜。」なんてしみじみしてますし、イギリスに対しては、「えー?まだなの??」って感じで傍観しています。

ただね〜。中国がここまで崩れるとは思っていなかったので、利上げ前に全体的に萎むとしたら、それはそれで新鮮で面白いかもしれません。なんとなく、あの中国政府が過剰反応するとも思えないんですよね。


私の場合、日本株は口座凍結されていますから、なすすべもなく、いつものメンバー(買値固定の同じ銘柄)が浮いたり沈んだりするのを眺め暮らしているだけです。


イギリスでは、可能なら相場にも挑戦してみたいものです。しかし、買値固定で眺め暮らしている副作用で「買値は七難隠す!」という変な相場観が固着しちゃって、高値圏でインするの嫌なんですよね〜。

かといって、待っていたら任期終わっちゃうよ〜みたいなね。そうそう、任期があるので、内国投資扱いだと手仕舞いに制約が大きいんですよね。始めから外国投資家としてインする方がましなのかもしれませんね〜。


まぁ、そこまで一生懸命になってまで、手出ししなくてもいいや。という感じで今に至ります。割と調べ物で満足しちゃったりするんですよね〜。

というわけで、私にとっては、不況やショックは、ウラヤマシイ買い場にしか見えないんですよね〜。



追記:
因みに、これまでで一番嫌いなショックは、バーナンキショックです。
ただの大調整で、超地味なショック?なのか、単語を引用できるいいサイトが見つかりませんでした。機会があったら記事にしてみます。

Comment


★MMさん、コメントありがとうございます〜★


> 外国から日本の資産運用が出来る様になると良いですよね。。

そうですよね〜。私の場合、上場廃止銘柄が忽然と消える前に売る事が出来る程度でいいんですけれどね。苦笑。


> 僕も他の方のブログを読んでいて、NISAとか新しい投資信託の話で盛り上がっているのを羨ましく思っています。

あぁ〜。それ、わかります〜。帰国した元上司がNISAは、銘柄選定が難しいような事を言っていましたが、参戦出来るのがウラヤマシイです。私も悩みたい!


> 何とか米国で投資を行ってるのですが、任期もありますし、期間が短いとリスクが増えそうで難しいところです。。

そうそう!MMさんの投資記事、いつも興味深くて、参考にさせて頂いています。本場?アメリカでの現地投資、そうそうできない経験ですよね〜。

のろのろ |  No.62


★★


のろのろさん

外国から日本の資産運用が出来る様になると良いですよね。。

僕も他の方のブログを読んでいて、NISAとか新しい投資信託の話で盛り上がっているのを羨ましく思っています。

何とか米国で投資を行ってるのですが、任期もありますし、期間が短いとリスクが増えそうで難しいところです。。

でも今回みたいな下落を目の当たりにすると、傍観しているのも良い行動だと感じますね。。

MM |  No.61

コメントを投稿する
記事: 大調整ですか〜。それは、うらやましいことで。

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback