ミニマルライフ・断捨離

このページの記事目次 (カテゴリー: ミニマルライフ・断捨離

← 前のページ  

我が家で最も断捨離が進んでいる場所...

冷蔵庫です。冷蔵庫。おなかすいたよぉ~。

出張と冷蔵庫


朝起きて、お腹すいたなと思っても…


ソフトチーズとモッツァレラチーズとダシとベーコン。
うーん。うーん。うーん。
これでメニュー考えるのムリ。

ここ、断捨離しすぎじゃないかな?と、ふと思ったので記事にしてみました。


2つの出張の狭間の食生活


いつもこうってわけじゃないんですよ!
料理力が少々低くて、長持ちする食材とそうでない食材がそれぞれどれなのかよくわかりません。
このため出張前は、買い控えが発生して、冷蔵庫の中身が貧相になっていきます。
つまり、食生活も貧相になっていきます。号泣。

2つの出張の狭間に至っては、写真のとおりです。
今日と明日、2日分ジャストで余らない買い物スキルは、初心者にはハードルが高いです。

果物と野菜は毎日買いに行くとしても、なんとも潤いのなさすぎる冷蔵庫ですよね…
どんまい。私。


それでも、お腹はすく


こんなの書いている間に、買い物行けばいいのにって?
そうですね。
行ってきます。

断捨離: 理想の私



※久方ぶりの5分の日〜


この年になると「理想の私」的なものは重くて持てないよね〜。手放したよ。そうしたら既に「惑わず」って感じ。



と、日本に住んでいる知人が言っていました。
「そうだよね〜!」という返事を期待されていたのかもしれないのですが、反応が遅れました。

日本では、「理想の私」や「ありのままの私」のような言葉が溢れているんですよね?

日本を出て、長くなってくると、そんな感じの言葉って、耳にしないから忘れちゃうんです。(←私だけかもしれませんが)

それで、「はて?」みたいな反応に...


もしかしたら「まだ夢を追っているの?気が若いね〜。」などと勘違いされちゃったかもしれないですけれど、まぁ、間違ってはいないです。


諦めきれしまったわけではないですから。
「完全早期リタイア」

キラキラとはしていないかもしれませんけれど。

断捨離: 一部屋まるっと空にしました

我が家には物置部屋が存在しました。引っ越し荷物を解いた後、直ぐに必要になる物は所定の位置を定め収納し、残りは物置部屋に放って置きっぱなしでした。洗濯物を干す時にしか入らないのでどんなに散らかっていても概ね目をそらす事ができ、左程思い出しもしない部屋です。


死に際に「もっと仕事をしておけばよかった」と後悔する人はいないなんて言われますが、体調不良で寝込んでいる程度だと...


「物置部屋、散らかったまま死んだら嫌だな〜」とか
「もちょっと部屋が片付いている時に死にたいな〜」とか
「このまま死んじゃったら、お母さん、遺品整理大変だな〜」とか
「延命措置とかしないで欲しいっていう遺書、わかりやすいところに置いておかなきゃ〜」とか、
「Mocking Jay-2まだ見ていないのに〜」とか

(このまま死んじゃったらどうしよう〜。)

自爆テロとか多いですし、熊本で地震があったばかりだからでしょうか?そういう事が浮かびました。


今度寝込む事があったら、違う事が浮かんで欲しいと思い、とりあえず一部屋分断捨離しました。もともと「捨てられない物の置き場」だったので難しくはありません。

チョコボでお出かけ拠点

本当に空っぽにしちゃって閑散としていたので、テディ・ベアを1つ留守番係におきました。一人暮らしの家には目が付いているものを置いておいたほうがいい(風水?)とかっていう事で、何かの折に頂いたものです。


他に入る場所があったら捨てなくても良いというルールにして、他の部屋のがらくたと入れ替えたり工夫しました。他の部屋にもがらくたが、たんまり。

引っ越しやすいように、買った時の箱をクローゼットに入れているのですが、半分ぐらい空箱に占拠されています。他の人はどうしているんでしょうね。根を下ろしている人たちは、きっと捨てていますよね。

引っ越し屋さんにお任せすれば梱包してくれそうですけれど、開梱が大変な感じの梱包なので、元の箱の方が開梱が楽なんですよね〜。でも邪魔だし、捨てちゃおうかな〜。うーん。


どうしても捨てる踏ん切りがつかなかったものは、リビングに持ち込んで、毎日見ているのが苦痛になってきたものは、そのうち淘汰されるでしょうという長期戦です。

リビングの快適さを損なってまで、使わない部屋を空にする必要があったのか?
全くない!です。

しかし、日本に帰ったら、すべてを30平米ぐらいに押し込まなければならなくなりますから、まだまだ捨てないといけません。なにかと広大な新興国病、治さなきゃ。

元上司(=独身)の話だと、新居が決まるまで会社が手配してくれる仮宿は17平米だったそうです。恐るべし日本の首都圏。


というわけで、使わない物は捨てなきゃ!です。


と、言いつつも、
冬になったら、チョコボに乗ってお出かけする拠点(=空き部屋)用に簡易ベッド買っとこうかな〜。なんて。学習しないってこういう事でしょうか?

やれやれ。


Mocking Jay-2を見ました。Plutarch〜!
総括すると大変充実した週末でした。

どこがミニマルじゃ〜の続き

ソファーベッド生活、長くなってきました。
家にちゃんとしたベッドがないって、ミニマルライフっぽいでしょ〜。(ご機嫌)


一応そろえる気はあります


一応発注はしているのですが、納期が1ヶ月超えなので、唯々待っている感じです。
本格的な冬が来るまではこれでいいかな?って感じです。
居間からの景観が好きで、気に入っているポジションなのですが、冬になると暗くて景観が見えないので、寝室へ移動です。


ところが↓


ダンボールから出した後の衣類が、寝室の押入れと床に積み重なっているんですね。
片付いていないのがストレスになっている模様です。
リネン棚より先に買おうよ!って感じなんですが、配達が平日しか選べなかったりしまして、ベッドと同じ日に届くように待機中なんですね。

早々にギブアップしたダイニングテーブルの方は、↓の様な状態。


ショーック!
週に2回しか配達スロットがなくて、他の配達と合わせられなかったんですね〜
日帰り出張などの日と重なりまくって、ようやくの配達だったのに〜
次回配達可能日にも出張が入っていますし、いつまでたってもセットアップが終わらない我が家です。

- コーヒーテーブルとダイニングテーブルが両方ないとストレス。
- クローゼットとチェストドローワーが両方ないとストレス。

これは、ミニマルライフ界持たない派には、不適格っぽいですね。スーツケース2つ生活は、終わりがあるから楽しめたんだな〜としみじみ感じます。

ミニマルライフ界には、こだわりの一品派もいらっしゃる様です。私の場合、(会社のサポート品は)安物の中で落ち込まないレベルのものを探す感じでしょうか?

それから、この方々お洒落感半端ないです。私のこだわりの一品って、旅先で暑さに負けて生まれて初めて仕方なしに買った短パンがいたく気に入ってしまって、いつもそればっかり着ているので友達に呆れられるみたいな。いろいろと不合格だな。こりゃ。です。


そういえば、節約徹底派もいらっしゃっるっぽいですが、まぁ、これは絶対不適格でしょうね〜。
まだ家計管理の初心者で、節約まで到達できていませんからね〜。
※どなたかのいいまとめ記事があった筈ですが、うまく探せませんでした。


ミニマルライフとミニマムライフって、道義?でしょうか??
いろんな方がいて、面白い世界です。
私は不適格ですけどね。涙。

どこがミニマルライフじゃ〜

以前、ミニマムライフとかシンプルライフとかの方があってるんじゃないかとうっすら思うのですが、と書いた事があるのですが...

ごめんなさい。私が間違っておりました。対局におります。


引っ越し荷物の到着


船便が届きました。38箱です。
あちゃー。です。

搬出前に業者のインド側担当からから「独身者ですし、下見は不要ですよね?」と聞かれたので、「参考までに、中国からインドに移ってきた時は、48箱でした。」って言ったら、「それ、ファミリーサイズじゃないですか!?」と驚かれ、「そのサイズは、必ず下見が必要です! 見積もり出来ませんから」ってなんか怒っていた気配でした。

しどい〜。独身差別〜〜。涙。


必要じゃないものに囲まれて暮らす


兎も角も、一応、38箱一部屋に収まりました。
2月上旬に離れてから、半年間、なくても生きて来れました。

不便ではありました。
1)「メジャー」と「工具」を航空便引越し荷物に入れてなかった事
2) 再度買うのが癪で、意地はって船便が届くのを待った事

不便だったのは、上記二つの条件を重ねた自分が悪いのです。
1)は、インドから離れるのが相当嬉しくて、気が緩んでいたのでしょうね〜。


我が家のヌシは私じゃない…


昨日まで、ソファーベッドだけで、気分良く生活してました。
今日からは、これらの「物」に対処する事に追われる事になります。
収まりどころを手配たり、収まりどころを購入して、自己組み立てしたり、です。
「物」がヌシで、私が家来です。
本末転倒甚だしいですね。

やれやれ。