英語の勉強

このページの記事目次 (カテゴリー: 英語の勉強

← 前のページ  

こたつは、英語でもKotatsuっぽい。

理想的なこたつスペース

これ↑理想的なこたつスペースじゃないですか?
普段はヨガマットを敷いているのですが、写真はお掃除ロボがミステリーサークルを描いているところです。

夏はゴロ寝用にラグを買おうか大いに悩みました。
冬はこたつが欲しくなります。

その割に、テレビを床に平置きしているのは、気になりません。
ロボがよく突進しているので、台を買った方がいいかもしれません。


こたつに話を戻しますと、eBayで幾つか見つかりました。
最近スーパーで「Satsuma**」というみかんを売っているので日本産と信じてリピートで買っています。このまま検索を続けると「こたつ+みかん」の誘惑に打ち勝てなさそうなので、ゴミ箱買いに行ってきます←
**最下部、追記あり

父がこたつ嫌いで実家にありませんし、自分で買った事もないので、こたつデビューもいいかな?と思ったのですが、収納に困りそうです。うん。うん。



追記:
Satsumaは、温州みかんの事みたいです。
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Citrus_unshiu

Variery(=品種)はOwari(=尾張)です。スペイン産でした。
味オンチなんて、こんなもんです。あはは。

一番聞き取りづらいのは、インド英語じゃなかった!

ボストンは、夜明け前。
雲一つない空が黄みがかってとても綺麗です。


初めてのヴァージンエアは、なかなか快適だったのですが、座席の事前予約が出来ず、真ん中のシートでした。
※追加料金を払えば事前予約ができるらしいです。

ボストンで生まれ育ったおばちゃんとロンドンで生まれ育ったおじちゃんに挟まれて、ちょっぴり窮屈。その上、後ろのイギリス女子3人組が大分かしましく、タービュランスが怖くて、内1人が泣くしで、まぁ微妙な席でした。


本題に入りますと、機長はイギリス英語で、タービュランスが酷くなってくると、機内放送をするのですが、おばちゃんが、「なんて言っているのかさっぱりわからないわ〜」なんて言ってきます。それ以外のCAの機内放送は、なんかノンネィティブがちょっぱやで喋っていて、おばちゃんまたもや「やっぱり全然わからないわ〜」。

そしたらおじちゃんが「これは、私もわからない。英語じゃないよ。米語でもないの?」って。二人とも気になるらしく、CAの放送の度に固まって頑張って聞いています。

おばちゃん「ヴァージンって、英系よね。インド英語じゃない?」
おじちゃん「インド人沢山知っているけどこんな英語聞いた事ないよ。硬いよね音が。中国とか?」

私の心の声「はい。ほぼ確実に、日本人の英語です。ただ、日本人は大抵の場合、話すスピードが遅いので、聞き取りやすいです。話す速度が上がる前に、発音が矯正される傾向にあるので、こんなに強い日本語訛りを残したまま、こんなに高速で話せる人は初めてです。」

言えなかった...


というわけで、着陸30分前、同CAが案内した現地時間「3時45分」が聞き取れたのは、私だけでした。

私も発音矯正に語学学校行こうかな...

「オックスフォード」のちっちゃい「ッ」について

今更なのですけれど、私、いつもちっちゃい「ッ」をつけ忘れておりました。
今から修正するのが面倒なのと、今後も無意識につけ忘れる可能性を踏まえて、揺らぎを避けるために、このまま「ッ」無しで行きます。ご免下さいませ〜

各位、お手数ではございますが、ご自分の頭の中でご追加くださいませ。


何故気づく事が出来たかというと...
先日、イギリスに来て初めて日本人の方から道を聞かれて、喜んだのですが、
(まぁ、日本語で話しかけられた訳じゃないんですけどね〜)

微笑ましい2人組で英語を練習していたっぽいので、そのままつきあって英語で応えようと思っていたところ、

「We would like to go おっっくすふぉーど きゃーっする, and now, we are in Christ Church Cathe... え、なんだったっけ、カテーテル?」
「え、ちょっと待ってね、えーと、あ、カテーテラル!」

で、吹き出してしまいました。うんうん。近かった。
「かしーどらる」って言いたいんだよね。笑っちゃってごめんね。


兎も角も、この2人のいなせなカタカナ英語っぷりから、Oxfordにちっちゃい「ッ」があったことを思い出したのです。英語の発音でも、ちっちゃい「ッ」はあるっぽいのですが、日本人が発音するえらく間のある「ッ」より大分短い気がします。ものぐさな私に至っては、ほぼ発音していません。それで書き損じてしまうようです。
※ただガサツなだけとも言います。


これが3ヶ月くらいの習慣だったら、修正する気になるのですが、Oxford StreetやOxford Circusのかつてのご近所ランドマークで癖になっちゃってるので、諦める事にしました。あの辺は外国人が多い事もあってか、正しい発音より更に短い「ッ」無しな気がします。


イギリス発音って、カタカナ発音からかけ離れている事も多いですよね〜
私は読み方が分からない時は、Oxford Advanced Learner's Dictionaryのお世話になっています。

「単語+Pronunciation」でググればいっぱい出てきますが、意味付きでOxbridgeアクセントの方がなんとなく安心です。
※調べ物の後は、「今日の単語」や「新規追加単語」に、寄って帰ります。何気にちょっとした待ち時間の暇つぶしになりますし。


追記:
ぷうままさん、コメントありがとうございました〜