時事ネタ

このページの記事目次 (カテゴリー: 時事ネタ

← 前のページ  total 5 pages  次のページ →  

イギリス初のプラスチック銀行券にベジタリアン激怒

紙幣は、日本では銀行券。イギリスでは、Bank Note。アメリカでは、Bill。イギリスでは、2016年9月に5ポンド紙幣がプラスチックになりました。真ん中シースルーで、金色のビックベンがかっこいい感じです。お札の中のエリザベス女王は、しばらくずっと年をとらず、うらやましい限りです。


新紙幣に動物由来の油脂が使われているらしい


ベジタリアンやベーガンの方々にはお気の毒なことです。まずは各誌の記事タイトルから何が起きたかお伝えします。

The Gardian誌、2016-11-29
Bank of England urged to make new £5 note vegan-friendly
More than 70,000 sign petition to cease use of tallow in production process, saying it is unacceptable to vegans and vegetarians(後略)
※へなちょこ訳;「英中銀、新5ポンド札をベーガンフレンドリーに変えるように追い立てられる」、7万人以上が(新札の)製造過程で獣脂を使用するのをやめるための請願書にサインした。ベーガン、ベジタリアンには受け入れられないと言っている。

Indipendent誌、2016-12-1
Bank of England trying to find 'solution' to remove animal fat from new £5 note as thousands sign petition
More than 100,000 people sign petition demanding use of tallow be stopped(後略)
※へなちょこ訳;数千人が請願書に署名したため、英中銀は新5ポンド札から動物由来の油脂を取り除くための「解決策」を探そうとしている。

The Telegraph誌、2016-12-3
Vegetarian café refuses to take new £5 note over animal fat row
The owner of a vegetarian café has said she will no longer accept new £5 notes until they are made without animal products.(中略)More than 120,000 people have signed a petition against the use of tallow to manufacture the new polymer notes, which were released in September.
※へなちょこ訳;「ベジタリアンカフェで、動物由来の油脂に反感を抱き、新5ポンド札受け取りを拒否」、あるベジタリアンカフェのオーナーは、動物由来製品が含まれないものができるまで、新5ポンド紙幣を受け取るのをやめたとのこと。(中略)既に12万人が9月にリリースされた新しいプラスチック紙幣に獣脂を使うことを反対する請願書に署名している。



11月29日に7万人で、12月1日に10万人で、12月3日に12万人が署名したとあります。凄い勢いです…
ベジタリアン、ベーガンの人数と勢い(怒り?)に圧倒されます。
早く解決するといいですね。


ベジタリアンとベーガンの違い


インドには、宗教的な理由でのベジタリアンやベーガンが沢山いらっしゃいました。だから私も外ではできるだけ動物由来のものを口にしないようにしていましたし、鞄や靴も極力動物由来でないものに変更しました。

インドで聞いたベジタリアンとベーガンの違いは、「ベジタリアンは、殺生しない範囲で動物由来のものを食べる。例えばミルクやチーズ。ベーガンは一切ダメ。」というようなものだったと思います。

飛行機と机以外は何でも食べると自分たちで自慢している中国から移動すると、閉塞感がありましたが、これはこれ、それはそれ。

ベジタリアンなのに、ものすごくお腹が出ているメタボ体系の人たちが沢山いましたから、植物由来であっても油は油。油に限らず食べ過ぎと運動不足は健康に良くなさそうです。


脱線;久しぶりに紙の辞書を引いた「row」


row, noun, (over sth) a serious disagreement between people, organisations, etc.
へぇ~。
昨今、なんでもネットを引けば出てくる世の中ですが、イマイチしっくりくる答えが見つからず、紙の辞書を引いてみたら答えが見つかりました。全く使わないから捨てようかと思っていたのですが、もうしばらく残して置くことにしました。


脱線の脱線;記事が見つからないニュースメディアに失笑


この記事に挙げた3誌以外にもいくつかのメディアの記事が見つかりましたが、名指しで探しても見つからないメディアもありました。最近は不思議と「何が起きたか?」よりも、「誰がどう受け止めているか?」の方に興味があります。

無言・静観が示唆する「ポジション」は特に興味深いです。


この記事がボツになった理由は、脱線がこの後もだらだら続いたためですので、この辺りにしておきます。
笑。

アメリカ大統領選

バタバタしていたら、大統領選について書く間もなく終わってしまいそうです。備忘録、備忘録っと…


アメリカ大統領選とイギリス人達


(出張前・数週間前)周りのイギリス人たちは、トランプ氏ありえない~。でもヒラリー微妙~。って感じです。民主党が勝つんじゃないかと思っている節がありますが、「ブレグジットの後、選挙は分からないものだと学んだよ」っと、皆してトラウマ気味でございました。


みずほ銀行、緊急レポート


参考資料;米国大統領選挙の展望
~予測可能なクリントン政権、予測不可能なトランプ~



ネット上では、「富裕層限定の増税」について争点として挙げられている記事を複数みかけました。いずれにしてもどちらも増税か~~。


アメリカ人の反応


私の知り合いたちは、予測可能かどうか、緊縮財政がどうとか、増税がどうとか、そういう事はあまり言っていませんでした。オバマケアが嫌で仕方がないし、実際不人気だから、トランプ氏がなんとかしてくれるならそっちでもいいかも?的な感じでした。

オバマケアについて延々と愚痴っていました。

後は、「クリントンは監獄にいるべきで、トランプはぶっとんでいる。どちらの候補も大統領にふさわしくない。どっちも選べなくてこまる。」なんてことを言っていました。

こんなに不思議な選挙があり得るところが凄いです。アメリカ。
いや、本当に寛容だな~。アメリカ。

記念にメモです。

シンガポールでジカウィルス感染者

最近、ベルギー周りがまた物騒みたいですね。テロかどうかにかかわらず、世界的に治安が悪化している感じがします。

Attack on Brussels criminology institute 'probably arson'




私はどちらかというとウィルス関係の方が怖いんです。インドに住んでいたからでしょうか?

シンガポールのジカ熱感染、56人に 周辺国でも国内感染



感染者が56人…
蚊って恐ろしいですよね。


外務省海外安全ホームページ
シンガポールにおけるジカウイルス感染症の発生(妊娠中又は妊娠予定の方は可能な限り渡航をお控えください。)(その2)


ある英国人のつぶやき

ようやく新しいPM(=首相)が決まったらしい、少々気まずい決まり方ではあったものの、とりあえず新しいページが開かれた記念の日であることは確かだ。


私は、Leaveに投票し、少々傷心気味だ


EU Referendum選挙の後、Leave投票組への風当たりはつらかった。無論、私がLeaveに投票したことは誰にも言っていない。但し、Stayに投票したとも言わないので、気づいている人もいるとは思う。

選挙の後、様々な報道がなされたが、「軽率なLeave投票者」を責めるような内容が多かった。極端な例ばかりを報道し、Leaveに投票した人がいかに無知で軽率であったかを酷評していた。

結果発表後、「EU離脱後何が起きるか?」が多く検索されたことについて、「わからないで投票したのか?」と怒りの声が上がっていたが、これはむしろ「わからないままStayに投票した人々」が検索した結果ではないか? 「Stay」投票した人々は、結果に大変驚いていたようだから、ありえない話ではない気もする…

いずれにしても、「Leave」に投票する=無知で無学、と酷評される風潮があり、無知ではあるかもしれないが、考えた上で出した結果だったので、とても悲しい。


「Stay」に投票する方が容易だった


不思議なことに、選挙の前から、「Stay」を訴える面々は著名人は一様に優秀で権威ある印象で、「Leave」を訴える面々はどちらかと言えば色物というか、特徴的な、場合によっては過激な変わり者が多かった。

今となっては、そのような印象を与えるような報道に誘導されていたのではないかと思えなくもない。

この為、何も考えなければ、「Stay」を選択した方が自然で容易だったのではないか?
しかし、私は思い悩んでしまった。

私の住んでいる都市では、皆「Stay」以外はありえないような顔をしていた。ところが、ポール(事前予想アンケート)では、「Leave」が拮抗していた。不思議だった。何が違うのか考えてみた結果、EUに組していることで利益を享受している人に偏りがあるのではないかと思えてきた。

それに、もし、「利益を享受していない」程度の感覚であれば、わざわざどうなるかわからない「Leave」ではなく、現状維持で安全な「Stay」を選択するのではないかとも思えた。

「Leave」を選択する方が、「強い動機」を伴っているような気がして、主な主張について検証してみた。ただ、残念なことに、私自身が「Leave」を選択する動機は、それらの主張の中からは見いだせなかった。

かといって、「Stay」を選択する動機もまた、見つからなかった。個人的には、一長一短、どちらがいいかはわからなかった。


そもそも論も考えてみた


そもそも、デービッド・キャメロンは、なぜ国民投票を公約に掲げなければならなかったのか?
この問題は、俄かに湧いた問題ではないことは確かなように思えた。
少なくとも彼は国民投票を掲げて、(それが故にかどうかはわからないが)政権を取ったのだから、その時点で需要は確かにそこにあったはずなのだ。

今回の投票後、デービッド・キャメロンが国民投票を行ったことは、愚民に決定権を与えた彼の最大の失策だと言われた。果たしてそうだろうか?

結果が「Leave」だったことで、尚の事、彼が国民投票を行ったことは正しかったとみなされるべきではなかろうか?
実際にそれで国民の意思が明らかになり、方向転換につながったのだから…


EUに何を期待したらいいのかわからない


若者層は「Stay」が多く、高年層は「Leave」が多いという事前情報も気になっていた。

EU参加を決めたとき、その当時の若者たちには、何かしらの期待があったはずだ。実際に運営されたこの20余年、その期待が結実していると感じることができていれば、高年層はもっと「Stay」に投票するはずではないか?

生まれたときからEUの一員だった若者層は、当時の期待について知りようもなく、ただ現状を知るのみのはずだ。

報道では、出ると被害をこうむる、大変なことになるなどと、ネガティブな要素が盛んに唄われているが、実際に入っているメリットを感じられない以上、「Leave」から生まれる新しい世界を見てみたくなったりする。こういうのを軽率というのだろう。


最終的な決め手は…


愚民、そういわれてしまえば、事実だ。
実際に、どちらがいいかよくわからないのだ。
でも、なんだか釈然としないのだ。

最終的に、沈むならイギリスと共に!と、「Leave」へ投票した。
グローバル感覚のない、器の小っちゃい奴め?
確かにそうかもしれないけれど、それでいいと思えた。

唯一の罪悪感は、過去の戦争で死んでいった祖先たちへ向けられた。
欧州国同士の数多くの戦いで多くの命が奪われ、平和を求める気持ちがEUの礎となったはずだ。

ただ、これは未来の欧州人を信じることにした。
私たちは、十分に平和の喜びとありがたさを学んでいるはずだ。


もうそろそろ許してね


なんだかだで、新首相が決まったことで、皆の目先がこれからの事に向かい、心の平穏が訪れてくれないものかと願っているだけだったりする。


※金曜日までの期間限定記事です。

今、何処にいるの?ウェールズです!

サイバーセキュリティーの講習会で、「今、XXにいます系の情報更新は止めなさい」とはっきり言われます。


狙われやすくなります


習慣的に「今、XXにいます!」的な情報をSNSで発信している人は、狙われやすくなるらしいですよ。

特に実名や社名や卒業校などがわかりやすいメディアもありますよね。トラッキングされて、留守中を狙って詐欺被害に会う人続出だそうです!

経営者や会社の幹部、決裁権を持っている人などは、要注意!

会社にメールなどが届き、「ボブってもうハワイ休暇に出ちゃったかな?下のメールの通り(でっち上げ)、休暇に出る前に今日までに£10,000の支払いをするからってメールを貰っていて、入金されなければ他の顧客に売るって約束なんだけど、今日中に払える?」とか、

「あ、オレオレ、ロブ、休暇中だからプライベートメールから送っているんだけど、急いで下記の口座に£10,000払っといてくれないかな?出張行く前に依頼し忘れちゃったんだけど、今日までに払わないと無効になっちゃうんだよね。ハワイから帰ったら申請書回すよ。」とか、

SNSに書いてあるプライベート情報を巧みに使って本人だと思わせる手法に騙される人多いらしいですよ!


ほぼ全ての勉強会、講習会で言われている


イマドコ情報の自粛についてはUKでは、全2回中2回、中国、インドでも指摘されていました。だからできるだけ事後にアップする様にしています。それで、ボツネタ化する事もあります。

私の情報なんて...
と、思いつつも、会社や両親に被害をもたらすのは嫌なので、念のため。

でもでも、時事ネタの事後更新はつまらないですよね~


ウェールズの特別な日に、ウェールズにいるのに...


ユーロカップクォーターファイナル

Euro 2016: Wales set for 'biggest game' since 1958 World Cup



60年ぶりの大快挙!!
ウェルシュの皆さん、目を輝かせています!
私が居合わせているのは仕事で偶然なのですが、「今日はウェールズの応援にパブに行こうかな~」っていったら、5人ぐらい寄ってきて、地元のベストパブを教えてくれましたよ!

今日、パブにいかない人は、ウェルシュじゃない!とかって張り切っていました。
皆さんが仕事どころじゃない日に出張に来ちゃったのでした…


仮に実家などに詐欺電話がかかったとして…


イギリスでは、サッカーの応援に行くのは、それなりに危険な気がします…
だから、もし電話がかかってきたとして、それが詐欺なのか本当なのか、よくわかりませんよね。

ま、大丈夫でしょう。
いろんな意味でtouch wood!


ウェールズ、勝ってほしいな~~。
応援へ行ってまいります!
(スタジアムじゃなくて、パブだけど)