退職後やりたい100のこと

このページの記事目次 (カテゴリー: 退職後やりたい100のこと

← 前のページ  

退職後やりたい100のこと#4、東京で株主総会三昧

いつの間にか#3をボツにして、順番が変わってしまいました。まだまだ沢山ある住んでみたい所ですが、他のことを忘れそうなので、次回は違う事にします。


東京で株主総会三昧


株主総会に一度も行ったことがありません。日本にいる時にもチャンスはあったのですが、これに貴重な有給を費やして良いものか…などと思って結局行けずじまいでした。

退職したら、時間たっぷりになるでしょうから、通知が来たものすべてに行ってみたい!なんて思っています。

ただ同じ日に重なったりしているものや、時期が集中したりしていそうです。

本帰国後、株式投資を再開したら、一点集中型ではなく、色々な銘柄に分散しないといけませんね。
変な話、株主総会って、学芸会(年に一度の成果発表会)みたいなものだと想像していて、勤め人の時の方が参考になる事も多いんじゃないかと思うのですが、ま、いいんです。


株主工場見学とかもできれば参加したい


株主優待??なのか知りませんが、ブランドに親しみを持ってもらうために、株主向けの工場見学をしてくれる企業もあって、是非参加してみたいです。それまで辞めないでほしい。タミオ…

日本は、ふるさと納税(寄付?)も株取引(株主優待)も何でも楽しんでできる「おまけ」つきの環境でうらやましいです。
株三昧、株主総会三昧、夢だな~。

退職後やりたい100のこと#3、イギリスを歩き倒す!

イギリスのイケメン、ヤバすぎる。


このウール、見事すぎるでしょ。
何気に顔、怖いし。
んもう。イギリス大好き!


ウォーキング三昧


来年のお出かけウォーキングは5月ごろ開始しようかと思っています。それまでは近所をうろうろしておきます。

ただ、時間と体力との相談になるので、退職してからゆっくり取り組めれば理想的です。

National Trails」を自分で計画しながら歩き進めるのもよし、「Ramblers」に入って、ローカルウォークに参加するのもよし。

夢が膨らみます~。

イギリスも6ヶ月までならビザの心配なしで滞在できるので、夏だけ遊びに来るとか贅沢なことができたら非常に理想的です~。

でも、夏は、羊の毛がもしゃもしゃしていないので、かわいくないかもですけれどね。

あるイギリス人が、神様が地球を作った時、イギリスは庭として作られたんだよ。だからイギリスは本当に美しいんだよね~っと自慢していました。確かに!

ん?、私はお国自慢に弱いだけじゃないか?
という気がしてきました。
あはは~。

退職後やりたい100のこと#2、ニースに住みたい!

一時帰国でニースに戻っていた知人が、お国自慢しているのを聞いて、これは…っとなりました。前夜雪が降ったから朝からスキーに行ったら、午後から20度を超える暖かい日になったので、午後からビーチで日光浴したらしいです。いいなぁ~。


水がおいしい、ニース


フランスで一番すぐれた水!
水道水が飲めます!!
って、ことなのですが、イギリスでも水道水は飲めますよ…
※レストランで水を頼むと、水道水か聞かれます。

フランスの水事情はよく分かりませんが、富山県クラスではなさそうな雰囲気です。


毎日スキーができる、ニース


世界のアルプスでスキーだよ!!らしいですが、興味津々なだけで、素人なので別に世界のアルプスじゃなくてもいいんですけれど…

でも、冬は暖かいのにスキーができる。素晴らしいですよね。


風光明媚に違いない、ニース


世界有数の観光地で、自然の中で風化したローマ遺跡とか非現実的なほど美しいらしいです。イタリアとの国境近くまで電車で20分ほどらしいのですが、それはもう美しすぎて帰りたくなくなるらしいです。(←地元だから?)

世界中からウォーキング愛好家が集まってきて、そこいらじゅうを歩き回っているらしいです。しかも安全らしいです。
これはぐっと来たな~~。

大家さんが南仏に住んでいるんですよね~。
南仏の家も、貸してくれないかな~~。


フランス人曰く(←ここ大事)、ニースはみんな英語しゃべれるから、フランス語全く知らなくても全然困らないよ!とのことでした。ふむふむ。

加えて「お金持ちの別荘地なんて言われているけど、オクスフォードに住める人にとっては安いもんだよ。」らしいです。トータルコストが富山級なら、ニースの方が暖かくていいかもね。冬の間、半年ぐらい住むなら、ビザはいらないでしょうしね。

世界のアルプスか~。
↑しっかり釣られているのでありました。

退職後やりたい100のこと#1、富山県に住みたい!

早速、書いてみました。「退職後やりたい100のこと」。ふっふっふ~。地縁も血縁も何もありませんし、日本海側に行ったことすらなありません。凄いチャレンジで、全く現実的ではありませんが、いいんです。妄想だから。


水がおいしい、富山県


何故、富山県なのか?
それは日本有数の水どころだからです。

昔知り合いが、富山県でコーヒーを買って帰ってきました。ふらっと入ったカフェのコーヒーが凄まじくおいしかったらしく、お店の人にお願いして同じものを売ってもらったらしいです。富山って、コーヒー有名なの?っと、驚きました。

ところが、売ってもらったコーヒーがその時の感動を呼び起こさなかったそうです。何故ならおいしかったのはコーヒーではなく、水だったからというもの。

え~~。
お茶好きとしては、住んでみたい!


毎日スキーができる、富山県


同僚に富山県出身の方がいて、子供の頃は毎日スキーに行っていたそうです。だから、東京に来てから友達に誘われても、わざわざ長時間移動してまでスキーに行く気になれなかったとか…

私がスキーを始めたのは、上海勤務時代です。なんと黒龍江仕込み!というか、まだ素人です。皆でワイワイ行く感じの雰囲気が苦手で、日本に住んでいたころスキーに行ったことがありませんでした。

ある時、黒竜江省へ友達と2人で旅行にいったのですが、その時のツアーにスキー体験が含まれていました。スキー未経験の友人が興味津々だったので、しぶしぶ付き合ったらハマったという。その後、毎年1回、2人で黒龍江へ通いました。(←内モンゴルと同じ人)

凄く楽しかったので、毎日スキー生活を2年ぐらいしてみたいな~。
身体が動くうちにリタイアできるといいな~。


風光明媚に違いない、富山県


大好きな写真ブロガーさんが、新潟県の写真をたくさん撮っていらっしゃって、それはもう美しい~~のです。
富山県は隣の県だから、近いんじゃない?
なんて、勝手に想像しています。

これは、新潟県が、富山県が、というより、その写真家さんが、っという問題なんだと思いますが、とても素敵です。新潟県。
あれ?

まだ一度も行ったことがないのに、憧れの土地。富山県。
夢が(妄想が)膨らんで、考えるだけで、ニッコニコになります。